【悲報】日本人の睡眠時間、主要28カ国中最下位と判明・・・・・・

睡眠時間の低下は、仕事効率を著しく低下させることが知られています。あのホリエモンさんは睡眠時間を削らないそうですが、どうも日本人は睡眠時間を削ってまで仕事に尽くそうとする性質があるようです。


睡眠データ分析で日本の睡眠時間は主要28カ国中最短|ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社のプレスリリース

睡眠 日本 不眠に関連した画像-02

28カ国中、平均睡眠時間が最長だったのは、男性はフィンランド人の7時間24分、女性はフィンランド人とベルギー人の7時間45分でした。日本人と比べ、男性は54分、女性は1時間5分の違いが出ています。これは、日本人の入眠時間は香港、スペインについで遅いにもかかわらず、起床時間が世界平均と大きく変わらないことに起因しています。

また、睡眠の長さの計測と同時に、睡眠中の体の動きや心拍数によって分析する「睡眠の質」については、日本人平均は3.0(最高5.0、最低1.0)でした。3.0を境に、それ以上で良好と判断されますが、28カ国中25位と下位の結果となりました。睡眠の質の世界平均は3.2で、最高はフィンランドの3.4、最低は中国の2.7でした。

睡眠 日本 不眠に関連した画像-03

以下、全文を読む


<ネットの反応>

・6時間あれば充分と思ってたけど足りないのかな

・日本人の入眠時間は香港、スペインについで遅いにもかかわらず、起床時間が世界平均と大きく変わらないことに起因しています。

・寿命長いから別にいいのでは

・みんなもっと寝ようよ

働き盛りの男性だと、6時間未満という人も多いように思えます。


トップへ戻る