有名人などに憧れて整形したファンたちの比較画像8選

莫大な費用を掛けて別人へと生まれ変わった人達の比較画像集をご紹介。

関連記事

【本当に人間?】アンジェリーナ・ジョリーに憧れた女性が50回整形を繰り返した結果


No.1 ブラット・ピットに憧れたシュレップ兄弟

ブラットピットの顔に憧れ、2万9千ドル(約320万円)の費用を費やし整形した兄弟。彼らはブラット・ピットのような顔を手に入れることでスターの仲間入りを目論んでいたそうですが、彼らにスカウトの声が掛かることはありませんでした。施術後、彼らは意気揚々と街を歩いて見ましたが、彼らがブラット・ピットに見間違われることはなかったそう。

No.2 ジャスティン・ビーバーに憧れた歌手、トビー・シェルドン

14歳頃のジャスティン・ビーバーに強い憧れを持ったトビーさんは、10万ドル(約1200万円)の費用を費やし整形しました。ジャスティンのファンからは”似ていない”という声が多く挙がったそうですが、それに対してトビーさんは”自分はジャスティン・ビーバー間違われることがある”と主張していました。この整形で有名になった彼は、その二年後に謎の失踪を遂げ、遺体で発見されました。警察は現場から大量の違法ドラッグを発見したとされていますが、彼の死因については明らかにされていません。また、彼の失踪については、恋人男性との破局が関係していると考えられている模様。

No.3 ジェシカ・ラビットに憧れたモデル、ピクシー・フォックス

アニメ映画「ロジャー・ラビット」に登場するジェシカ・ラビットに憧れ、12万ドル(約1,300万円)を費やし整形した女性。彼女は顔の他にも豊胸・脂肪吸引・肋骨の切除など、全身の至る所に整形手術を施しています。

No.4 ライアン・ゴズリングに憧れた男性、ニコラス・ライアン

カナダ出身の人気俳優ライアン・ゴズリングに憧れ、整形した男性。彼はライアン・ゴスリングの「アゴ」に強く惹かれたのだそうで、このアゴを手に入れれば芸能オーディションを受けるのに有利になると思い、整形を決意したのだそう。

No.5 古代エジプトの女王ネフェルティティの「像」に憧れた女性、ナイリーン・ナミータ

クレオパトラと並び”古代エジプトの三大美女の1人に数えられる女性”、ネフェルティティに憧れ整形した女性。彼女は約25年以上に亘って整形を続けており、整形に費やした金額は20万ポンド(約3,000万円)を超えており、整形回数は約50回以上にも上るのだとか。

彼女がこれほどまでにネフェルティティ女王に憧れを持ったのは、十代の頃に見た夢がきっかけだったのだとか。その夢の中で彼女は、ネフェルティティの住んでいた土地、ネフェルティティが暮らしていた部屋、ネフェルティティの食べた物までをも見ることが出来たのだそうで、それ以来彼女は、自分が”ネフェルティティの生まれ変わり”だと信じて疑わなくなったのだそう。
49歳の頃、51回目の手術をこなしたナイリーンさん

No.6 マイケル・ジャクソンに憧れた女性、ミッキー・ジェイ

“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンに憧れ、1万6千ドル(約180万円)の費用を費やし整形した女性。彼女はイギリス一有名な”マイケルのモノマネタレント”として知られており、彼女が鼻を整え、アゴを削り、頬に詰め物をするために費やした費用は、そのモノマネ芸をTVで披露することで回収できてしまったそう。

No.7 バービー人形の恋人”ケン”に憧れた男性、ロドリゴ・アルヴェス

バービー人形の恋人役の人形玩具”ケン”に憧れ、16万9千ドル(約1,900万円)もの費用を費やし整形した男性。彼は頭のてっぺんからつま先まで全身を整形しています。薄毛予防のレーザー治療、額のしわ取り、鼻の整形、顎・脚の脂肪吸引、腕・胸部・腹部への詰め物、その他にも数え切れないほどの整形手術を行っているのだとか。

関連記事:【整形回数ギネス記録】バービー人形の恋人”ケン”になりたかった男の変貌ぶりがこちらwwwwwwwwww

No.8 キム・カーダシアンに憧れた男性、 ジョーダン・ジェームズ・パーク

アメリカの人気女優キム・カーダシアンに憧れて、15万ドル(約1,780万円)もの費用を費やして整形した男性。当時、彼の大胆な整形は世間の注目を集めましたが、彼の顔を見た人々から寄せられたメッセージの多くは、「全く似ていない」「病的な何かを感じる」「人形のようで気味が悪い」など、否定的な意見でした。しかし、辛辣なメッセージの数々が送られるも、当の本人は全く気にしていない様子で、それどころか「皆の注目を集めているのが嬉しい!もっと整形したくなっちゃう!」と、満足気な様子を見せていた模様。

彼は、鼻の整形、顎と首の脂肪吸引、顎と唇へのインプラント、レーザー脱毛などを行っています。ちなみに、化粧のように見える太く凛々しい眉毛は、ペンで書いたものではなく「タトゥー」なのだそう。


トップへ戻る