【動画】「社畜ノート」あるサラリーマンの職場にまつわる物語に「悲しい」の声広がる

仕掛け絵本風に作られた物語「社畜ノート」が、Twitterで注目を集めています。ページをめくるたび、激務に耐える社員の暮らしが展開されて、見ていてつらい。

社畜ノート

伏せられたノートの1ページ目を開くと……

駅のホームのシーンに。別パーツの電車が手で押されて入ってきます
伏せられたノートの1ページ目を開くと……
駅のホームのシーンに。別パーツの電車が手で押されて入ってきます

車窓は切り抜かれており、背景の紙をスライドすることで走行を演出

ページをめくると場面は車内へ。つらい日常が始まる。

ページの随所にスライドする紙を仕込み、動かすことで風景や時候などの変化を表現しています。

スローガンはやがて「死ぬまで働け」から「死んでも働け」に

夜遅くまで残業

主人公の勤め先は、ホワイトボードに「死ぬまで働け」などと書いてある、分かりやすくブラックな会社。大量の業務を振られた彼は夜遅くまで働き、疲れて帰って眠るだけの日々を過ごしています。スローガンはやがて「死ぬまで働け」から「死んでも働け」に。

疲れて電車に揺られ、ただ眠るだけ
疲れて電車に揺られ、ただ眠るだけ

孤独な残業中に救いの手

そんなある日、ほんの少しだけいいことが。独りで残業している夜、隣席の女性社員が戻ってきて、業務を半分手伝ってくれたのです。彼女はてきぱきと作業を片付け、主人公より先に退社するのでした。
主人公よりも手早く作業を済ませ、女性写真は帰宅しますが……
主人公よりも手早く作業を済ませ、女性写真は帰宅しますが……

あああ……

それでも酷な要求を続ける会社

しかし、このことは痛ましい悲劇を生みました。女性社員がオフィスを出るなり、交通事故に遭ってしまったのです。それでも会社の様子は翌日もいつも通りで、「1日で3日分働け」「サービス残業は社会貢献」など、無茶なスローガンを押しつけるのみ。

絶望のあまり、死を選んでしまう主人公

絶望した主人公はとうとう、自室に自殺用の縄を用意してしまいます。

縄が切れて無事だったところに着信が

縄の輪っかの向こうは、一面の花畑。一度はそちらに行きかけた主人公ですが、すんでのところで縄が切れて我に返りました。

「社畜ノート」の物語と仕掛けに涙する人続々 めくるたびにブラックな環境に耐える社員の悲壮な日常が展開

それと同時に、iPhoneに着信が。電話の主は、事故で入院したあの人です。

事故で入院した女性社員から、温かいはげましが

「つらいだろうけど……がんばって、私もがんばるから」と声をかけられ、号泣する主人公を描いて物語は幕を閉じます。

<リプライ欄の反応>

・涙が出てきました いや全然成人してないんですけど、(笑) 高校生だけども、なんだか生きたくないなぁと思うやっぱり 大人になったら寝て起きて仕事しての繰り返しだと勝手に思ってるから、やっぱりそうなんだ、死にたくなるくらいなんだ、と思った 大人になるまでに死にたい

・最後の電話の内容が、今日会社来れる? とかじゃなくてよかった

・おい 何も解決してねえぞおい

・「辛いだろうけど頑張って」って、 もうこれ以上頑張れないだろこの人…(´;ω;`)

・必ずしも辞めることが正解じゃないけど 仕事続けるのも辞めるのも度胸がいるので (がんばって)仕事を辞めるのも1つの道かも

・真の社畜ならノロウイルスだろうがインフルだろうが誘拐されようが人質になろうが、会社に出社させられるんだよなぁ

・見ていて悲しくなるけど…これが「世の中の現実」だからこそ尚更辛いし悲しい。。 でも「命を捨てる」ことだけは絶対にしないで欲しいな、ていつも思う自分。楽になれるかもしれないけど、全てそこで終わっちゃう。でも生きていれば…何でも出来る。頑張れとは言わない、自分の為に「逃げて」欲しい。

・見てて悲しくなってきた

・『頑張る』って言葉はちょっと怖いよね

・もうさ、クビとか転勤とか覚悟でみんな定時で帰っちゃえよ、周りの目とかしらねぇよ、なんで生きるために仕事してんのに仕事が原因で死ななきゃないんだよ・・・頭おかしいだろこの国・・・

反響を受けて、作者は「もうちょっとハッピーな展開にすればよかった……」とコメントしています。同時に、一部のページを完全に開いた状態も披露。立てたとき自然に見えるよう、角度を工夫して描いていることが分かります。

なお、しんらしんげさんは、以前にもオリジナリティ溢れる作品でTwitterを賑わせています。

イラストを立てて撮影することで表現したドラゴンボールの戦闘シーン

紙コップの回転でドラえもんのストーリーを表現



トップへ戻る