新米彫り師に眉タトゥーを入れてもらったら「あの人」みたいになってしまった女性、絶望wwwwwww

タイに住むカンヤラット・チャイチャンさん(26歳)は昨年11月、タトゥーアーティストに依頼して眉タトゥー(アートメイク)を施してもらった。

ところがそのアーティストは新米だったらしく、まるでナメクジのような幅1cmほどの超極太眉毛が完成。まさに女芸人のイモトのようになってしまった。

同情した美容セラピストが救いの手を差し伸べる

しかし、カンヤラットさんが自身の惨状をフェイスブック上で公開したことがきっかけて事態は好転する。

彼女の超極太眉タトゥーはタイで話題を呼び、美容セラピストのヴィライラック・ナン・サンダントムさんの耳にも届いた。

brow2_e

image credit:Facebook

カンヤラットさんのあまりにもかわいそうな眉毛に同情したヴィライラックさんは本来であれば約17万円する矯正治療コースを無償提供することを決めた。

最新の眉毛アートメイク技術・マイクロブレーディングとレーザー治療を組み合わせたもので、カンヤラットさんの眉毛を美しく修正するのだ。

brow1_e

image credit:Facebook


これについてカンヤラットさんは、

本当に感謝しているわ。これからずっとこの超極太眉毛のまま生きていかなければならいのかと思っていたの。

と喜びを語っている。

ヴィライラックさんによると眉毛がナメクジ状態から回復するまでにだいたい3~6ヵ月ほどかかるという。

トップへ戻る