【GANTZ?】世界中で謎の球体が発見されるwwwwwwwwww

ガンツのような球体が発見され、以前Twitterで話題となりました。

何これ?

これに似た謎の球体が世界でも発見され、学者たちの関心の的となっているようです。


謎の巨大な球体が出土し「未発見の文明の痕跡」と発表されるも専門家の意見は分かれる

東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家であるボスニア・ヘルツェゴビナで、半径がおよそ1.2メートルから1.5メートルある、高濃度の鉄分を含有する「石の球体」が発見されました。発見者である考古学者のSemir Osmanagic博士は「1500年以上前の文明で作られた人類最古の球体かもしれない」と主張していますが、専門家の間では自然現象の「コンクリーション」ではないか、など意見が割れています。


<ネットの反応>

・コンクリーションだろこれ

コンクリーション
堆積岩の特定の自生鉱物組成が団塊状または不規則に濃集したものを総合した名称。
溶液から物質が局所的に堆積して発達したもので,一般に核の周りに中心から外側に向けて成長する。生成時期により団塊は,堆積と同時または一次的に形成された同生団塊(syngenetic concretion),地層堆積に引き続いて二次的に形成された後生団塊(epigenetic concretion),周囲の堆積物とほとんど同時に堆積した準同時期団塊(penecontemporaneous concretion)などに分類される.大きさは径1cm以下から30cm以上に変化し,ときに数m以上に及ぶものもある。

https://kotobank.jp/word/コンクリーション

・古代兵器ブリオン

no title

・オーパーツ

・ガンツ以外考えられないんだけど

・海岸だけど伊豆にも似たようなのがあるね 

no title

・↑波打ち際なら波の影響

・コスタリカの石球を思い出した

コスタリカの石球


コスタリカの石球(コスタリカのせっきゅう、Stone spheres of Costa Rica)とは、1930年代の初め、コスタリカの密林で発見された石の球体である。現在までに200個以上が発見されている。石球の正確な製作年代やその目的は不明である。
発見時に周囲に存在していた遺構の年代より推定して、西暦300~800年にこの地で栄えたディキス石器文化が有力視されている。誤差数ミリのほぼ真球であるとする主張もあるが、単なる創作であるとする説もある。
石球の配置には規則性があり、星座など天体を模しているという説もあったが、石球が持ち出されたり、黄金が詰まっているという噂が流れて石球が破壊されたりしたため、今では正確な配置は分からなくなってしまった。ただ、近年の調査で球体の表面に彫刻が残っているものもあり(Carved Sphere と呼ばれている)、彫られた線が星座の図形を現しているという説が提唱されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/コスタリカの石球

no title


トップへ戻る