【悲劇】死亡診断により埋葬された花嫁、翌日棺桶の中で生き返るも酸欠で本当に死亡・・・

死者が蘇る、奇妙な事件が、ホンジュラス共和国で発生した。

事件は、ホンジュラスのラ・エントラーダで、ネイシ・ペレス(Neysi Perez)16歳が、自宅外のトイレで突然意識不明になったことから始まる。

ネイシはその時、妊娠3ヶ月でまもなく結婚式をおこなう予定だった。意識不明により倒れたネイシは、口から泡を吹き、病院に運ばれたものの、医師から死亡宣告をされた。

ネイシは、結婚式で着る予定だったウェディングドレスに身を包んだ状態で棺桶に納められ、葬式のあと、墓地に埋葬された。

死んで埋葬された花嫁 翌日棺桶の中で生き返る! しかし救出が遅れ酸欠で死亡

こちらが、ネイシ・ペレス

その翌日、妻ネイシを亡くした夫のルディ・ゴンザレス(Rudy Gonzales)が悲しみの中、墓を訪れたところ、墓の中から死んだはずのネイシの、助けを求める叫び声が聞こえたのである。

驚いたゴンザレスは、人を呼びコンクリートで覆われた墓を壊してネイシを救出しようとした。


こちらがそのときの動画

死んで埋葬された花嫁 翌日棺桶の中で生き返る! しかし救出が遅れ酸欠で死亡

コンクリート製の墓から棺桶を取り出す人々

死んで埋葬された花嫁 翌日棺桶の中で生き返る! しかし救出が遅れ酸欠で死亡

棺桶が開けられる

しかし、懸命な救助も虚しく、棺桶の中でネイシは死亡していた。ネイシの指には棺桶から出ようと、もがいたことによるケガをしており、額にはアザが出来ていたという。棺桶の窓部分に取り付けられたガラスはネイシによって壊されており、ネイシが棺桶の中で再び息を吹き返したことは明らかだったという。

棺桶の中で蘇ったネイシは、酸欠によって再び亡くなったものとされている。そしてネイシは、同じ墓にまた埋め戻されたそう。

この事件に、ネイシの母親は、ネイシの死亡宣告を行った医師の診断に誤りがあったのではないかとして、その責任を追求しているという。

(参照元:dailymail



トップへ戻る