【漫画】ちょっぴり優しくて馴れ馴れしいプリン。ほっこり展開かと思いきや涙が・・・・・・

ポケモンのプリンを題材にした二次創作漫画のご紹介。

ロボ富さんがTwitterで公開した漫画が感動的だと話題になっています。


ポケモン「プリン」の漫画

1.

ポケモンを持ったことがない主人公の女の子。
よかったら、ということで、元々亡くなったおばあちゃんが持っていたポケモンを譲り受けることになります。

2.


3.

モンスターボールから出てきたのは、プリン!

カワイイ…けど、キョロキョロと落ち着きがありません。
つぶらな瞳で「ごはんにしましょうよ~」と訴えてきます。

4.

大きなおにぎりを作ってあげましたが、なんと半分こにしてくれる優しさ。

寝るときも一緒にベッドインしてくる…。
優しかったり図々しかったりと、天真爛漫でカワイイやつです。

5.

場面は変わって、回想シーン。
どうやら亡くなった以前のマスターであるおばあちゃんとの思い出のようです。

6.

おばあちゃんと最後にかわした約束。それは、また絶対、だいすきなお友達を見つけるということでした。

「誰かとおやつを半分こしたり、縁側で一緒にひなたぼっこしたり、隣で一緒に眠ったりしても、あたし達が友達ってことは変わらないの」

7.

8.

2ページ目でキョロキョロしていたのは、なかよしポケモンが他にいないかどうかを探し回っていたというプリン。

亡きおばあちゃんとの約束をちゃんと覚えていたプリンと、その心の動きに、つい涙腺がゆるんでしまいます。

ロボ富さんのPixivはこちら



トップへ戻る