動物園のワニ、仲間の足をうっかりくわえてしまいローリング→食いちぎるwwwwwwwwww

「お、エサやんけ。ラッキー」

動物園のワニ うっかり仲間の口に腕を入れてしまい、そのまま持っていかれる…

自業自得なのかもしれないが、ワニの痛々しい事故が偶然撮影された。

それは、オーストラリアの動物園で撮影されたと思われる動画。

展示されているワニに飼育員がエサの魚を投げ入れる。すると、エサを追いかけたワニが、不注意で仲間のワニの口の中へ、左の前足を入れてしまう・・・

その瞬間、仲間のワニが口を閉じる。そして、前足を引きちぎるために仲間のワニは横回転。前足を噛まれたワニの関節は脱臼、そしてそのまま仲間に食べられてしまうのだ。


ワニの血などは確認できないが、苦手な方は閲覧注意

動物園のワニ うっかり仲間の口に腕を入れてしまい、そのまま持っていかれる…

投げられたエサへ向かおうとするワニ。うっかり仲間のワニの口の中に左の前足を入れてしまう・・・

動物園のワニ うっかり仲間の口に腕を入れてしまい、そのまま持っていかれる…

その瞬間、仲間のワニが腕をガブリ!

「お!なんや知らん。エサ飛び込んできたわw」

動物園のワニ うっかり仲間の口に腕を入れてしまい、そのまま持っていかれる…

仲間のワニは、前足を咥えたまま横回転!前足の関節は脱臼

「おりゃあああ!ちぎれてまえ!!!!」

動物園のワニ うっかり仲間の口に腕を入れてしまい、そのまま持っていかれる…

2匹のワニが離れた後、ワニの前脚は無くなっていた

ワニの捕食者としての凄まじい能力を示す動画だが、噛まれたワニの失ったものは余りにも大きかった。

その瞬間を見ていた観客たちは、悲鳴とともに「ああ神様!」と叫んだり、「見て!ワニが出血してる!」とパニックを起こしている。

同じ展示ブースで、飼育されていることからもわかるように、同じ大きさのワニ同士は基本的には、共食いをすることはない。しかし、一瞬の油断でこのような惨事が起こることもあるようだ。

前脚を食べられたワニのその後は不明であるが、食べられた時のリアクションは薄かった。痛みは感じないのだろうか。

トップへ戻る