【閲覧超絶注意】背中から肉をそぎ落としてその場で調理し本人に食べさせるパフォーマンスのライブ配信が物議を呼ぶ

fdbd1ddb

ラトビア出身のアーティスト、アルトゥルス・ベールジンシュさんのライブパフォーマンス「悟り(Satori)」がこれって大丈夫なの!?と議論の的になっているようだ。

3月6日、首都・リガにあるギャラリー「Museum LV un Grata JJ」でそのライブパフォーマンスは行われた。

男女モデル2人の背中から人肉をそぎ取り、それを本人に食べさせるというエキセントリックなカニバリズム的パフォーマンスだが、なんとそれをライブ配信してしまった。

YouTubeにて動画が配信されているがスーパー閲覧注意でお願いしたい。


自分の肉がフライパンで調理されるライブ感(※閲覧注意!!)

「悟り」に登場したのは、モデルの男女2人と防護服らしきものを着用したアルトゥルスさん。

舞台にあがったアルトゥルスさんは男性モデルと女性モデルそれぞれの背中から肉を切り取り、フライパンで調理し、各自に自分の肉を食べさせた。

human3_e


ライブ配信するのは倫理的にまずかったのか?

mojimaru1522219129

このライブパフォーマンスの模様はフェイスブック・ライブでライブ配信されたほかユーチューブにも投稿されているが、それが論争を巻き起こすきっかけとなった。

こういった類のパフォーマンスをライブ配信するってどうなの!?倫理的に大丈夫なの!?という感じである。

しかしアルトゥルスさんの行ったこと自体は犯罪でもなんでもないらしく、警察沙汰になるとかならないとかいう以前の問題のようだ。海外メディアの取材に応じた地元警察はこれまでのところ苦情はないがもし苦情がきたら調査するとしている。

00

これはあらかじめリハーサルが行われていたのだろうか?やっつけ本番だとしたらそれはそれで怖い気もするし、リハーサルありでもやっぱり怖い。


トップへ戻る