実写版「銀魂」などの福田雄一監督、「羽生結弦が苦手」「恥ずかしい」などと書いて炎上!!

dvtzptmvmaahrjg

平昌五輪では見事にケガから復帰し、華麗に金メダルを獲得したフィギュアスケート・羽生結弦選手ですが、その個性的なキャラクターを敬遠する人も中にはいるようです。

今回、そんな本音を暴露してしまった某監督が炎上し話題となっています。

関連記事

【ヤフオク】羽生結弦サイン入りスケート靴が1億円を突破→再度ご破算に・・・イタズラか?

【クソかっけぇ…】「東京喰種」好きな羽生選手のために石田スイが直筆イラストで祝福!あまりにも美しい・・・・・・

羽生結弦とファイナルファンタジーをコラージュした結果→違和感が全滅wwwwwwwwww


「羽生結弦が苦手」コラムに批判 福田雄一監督が謝罪「猛省しました」 : J-CASTニュース

福田雄一 羽生結弦 苦手 恥ずかしい 炎上に関連した画像-02

実写版「銀魂」などの作品で知られる映画監督の福田雄一氏(46)が2018年3月27日、フィギュアスケートの羽生結弦選手について書いた雑誌コラムで、本人やファンを「悲しい気持ちにさせた」として、ツイッターで謝罪した。

問題となったコラムで福田氏は、羽生選手が個人的に「苦手」だとして、その言動について「恥ずかしい」などの持論を展開。こうした意見に、羽生選手のファンから「ただの悪口」「大人げない」などの批判が寄せられていた。

発端となったのは、週刊現代(3月10日号)に掲載された「氷上のプリンスに物申す!」というタイトルのコラム。その中で福田氏は「個人的な感想として読んでほしい」と前置きした上で、羽生選手について「苦手です」と切り出した。

福田氏は、カメラの前やリンク上での羽生選手の言動について、「自分の世界」に入っているように感じる、との持論をコラムで展開。「『わああああ、恥ずかしいっ!』って目を覆ってしまう感じ」を抱いてしまう、などとも書いていた。

また、翌週(17日号)のコラムでは、羽生選手に関する前回のコラムで周囲から「叱られた」として、

「いや、違うんです。羽生くんは素晴らしいアスリートなんです!だから、ダメ人間の僕からすると気後れするという話なんです」

と、冗談めかしながら釈明していた。

こうした福田氏のコラムは、羽生選手のファンの間で話題に。ツイッターやネット掲示板には、
「福田雄一さんのコラムあれただの悪口だよ」
「福田雄一監督の大人げない感性にはがっかり」
「羽生くんのファンはあんまり気分良くないな(略)個人的に苦手なのはいいけど居酒屋で話しててくれ」

などと否定的な意見が複数出ていた。

こうしたファンの反応を受けて、福田氏は27日未明にツイッターを更新。「僕の軽率な言葉で、羽生くんや、羽生くんのファンの皆様を悲しい気持ちにさせてごめんなさい」と切り出し、「苦手という言葉はどうか撤回させてください」と訴えた。

続くツイートでは、ファンの言葉を受け止めて羽生選手のことを「勉強しました」として、「彼のことをちゃんと理解する前に失言をしたこと、本当に猛省しました」。問題のコラムの存在を知った妻から、羽生選手の魅力について「切々と訴えられた」という。

以下、全文を読む

<ネットの反応>

・世界中の注目を集めるオリンピックの金メダリストと、一部のマニアにしか支持されぬB級映画監督…
明と暗…ってところなんですかねえ。

・好きという人も居れば苦手という人も居る。それは仕方のないこと。ただ、コラムにする必要は無かったかなと思う。

・一旦外に出てしまった発言は元に戻ることはないのです。
誰かを好きと発言するのはいい。
だけど実害を加えられた事もない人を嫌いと公言する時はそれなりの覚悟が必要。
会見で本人がその存在に言及していたように、
羽生選手ほどの成果を上げらぬまま選手生命を終えた過去の選手のファンで
執拗にアンチ活動している集団がおり、
福田氏はこのアンチ達に美味しいエサを撒いたのです。

・内輪で話していれば
良いものを、
わざわざコラムで
書くかねぇ…

・ホントに苦手なら批判されたからといって、謝罪する必要ないと思う。個人の気持ちは仕方ない。
ただ、福田さん監督とかしてるんでしょ?俳優はどんな臭いセリフでも馬鹿馬鹿し設定でも、大真面目に演じるわけで…。
そういう業種の人が、羽生結弦の態度が苦手というのが分からない。彼はリンクの上では「フィギュアスケーター羽生結弦」を演じてるんだから、表現者としては俳優に通じるものがあると思うんだけど。
セルフプロデュースとしては羽生結弦、100点満点だよ。

・口は災いの元


トップへ戻る