どの角度から見ても目が合う不気味な人形。「ホロウマスク錯視」とは?

不気味にほほ笑む人形

今、ブラジルのとある墓地に置いてある「不気味な人形」「どこから見ても生々しい視線で追ってくる」と話題になっている。

話題になっている動画がこちらだ!

なんとも、気味の悪い表情をした人形である。

さらに、この人形の後ろには、「赤い哺乳瓶」のようなものがあり、不気味さをさらに助長させている。

なぜ、こんなところに?

%e7%84%a1%e9%a1%8c

「一体誰が何のために置いて行ったのか?」

それについては、情報がなく、真偽のほどはわからなかった。

しかし、墓地に置いてあるという事は、何か事情があったのではないかと、思いを巡らせてしまう印象的な人形だ。

また、今回の人形動画について、「どの角度から見ても、視線が合うというトリックはよくある技術」という多くの意見があった。

視線が合ってしまうトリック「ホロウマスク錯視」とは?

“なぜ、どこから見ても視線が合うのか?”

これについては全てに当てはまるわけではないが、どうやら「ホロウマスク錯視」という現象に謎が隠されているらしい。

ホロウマスク錯視とは、ざっくり説明すると、本来凹んでいる部分が陰影などの影響によって、立体的に見えてしまうという、人間の錯覚を利用したトリックなのだ。

これは、ペーパークラフトでできたドラゴンなのだが、ずっとこちらを興味深そうに見てくるのである。しかも、ご丁寧に首まで振ってお出迎えしてくる。

だが、このドラゴン。どこかおかしい。

…そう。実は、顔面が凹んでいるのである。

このように、実際に凹んでいても、本来は「立体的であるはずだ」と人間の視覚が勝手に補ってしまうのである。

ちなみに、ディズニーランドのホーンテッドマンションには、これと同じ原理が用いられている。


トップへ戻る