【衝撃】STAP細胞の小保方晴子さん、超絶美人になって復活wwwwwwwwww

「STAP細胞はあります」という記者会見での発言があまりにも有名になりすぎてしまった、元理研研究員の小保方晴子さんですが、超絶美人になって表舞台に復帰してきたと話題になっています。

雑誌の取材、そして出版


出典matome.naver.jp

小保方晴子氏

小保方 晴子(おぼかた はるこ)は、独立行政法人理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダー。学位は早稲田大学博士(工学)。

2014年1月末にSTAP研究を発表して一躍時の人となるが、様々な研究不正の疑義に見舞われ論文は撤回に至り、一連の現象と細胞は科学的根拠を失った。画像2点の不正が認定されていたが、新たな科学的疑義についての調査や小保方自身による検証実験(再現実験)により、理化学研究所の処分検討は停止していた。

自殺者も出てしまったSTAP騒動。その陰で、並々ならぬ苦悩があったそう。

果たしてメディア露出後、小保方さんはどのように活動していくのか、動向に注目が集まります。

トップへ戻る