【漫画】いじめられっ子が「引きこもり生活から抜け出すまでの実話」を描いた漫画が話題に

Twitter上で公開された『いじめられっ子、過去との決別』は、過去にいじめを受けていた女性が引きこもり生活から抜け出す大変興味深い実話だ。

作者は漫画の中で「メンタルが病んだら早めに病院へ行こう」としている。

実話の漫画

漫画を公開したのはTwitterユーザー「こうざと明(@akira_moromoro)」さん。

こうざとさんが3月22日に投稿した漫画『いじめられっ子、過去との決別』はこれまで約2万5000リツイートを記録するなど大きな反響を呼んでいる。

中学校の頃、容姿が原因で男子からからかわれていたという こうざとさん。

バカにされ、ゴミを投げられ、雪玉で狙われ、一挙手一投足を指さし笑われたこうざとさんは、次第に学校を休みがちになってしまったという。

意を決して担任にイジメの事実を打ち明けたものの「〇〇くんたちはそんなことしてないって言ってたから」と、先生はこうざとさんの力にはなってくれなかったらしい。それがトドメとなり、こうざとさんは完全な不登校になってしまった。

立ち直ったきっかけと方法とは?

その後5年がかりで高校を卒業したものの、容姿でいじめを受けたことがトラウマになり20歳になっても引きこもりがちな生活を送っていた こうざとさん。

趣味を見つけたことをきっかけに、「なにかをやりたい」という欲を持つことができたこうざとさん。それを皮切りに病院へ行き、適切な治療を受け、やっと普通の生活を送れるようになったとのこと。

残念ながら、いじめで受けた心の傷を治す方法は誰にもわからない。

だが、今回こうざとさんが漫画で示してくれた方法は、いじめで傷ついた心を治す1つの手なのだろう。自分のため、友人のため、そして子供のためにも覚えておくといいハズだ。



トップへ戻る