【謎すぎる】畑を走るスケボー、爆誕wwwwwwwwww

キューボード走行の様子

デコボコな畑をスイスイと走るスケボーのぶっ飛び映像がTwitterに投稿され、話題になっています。

投稿者さんによると「農業方面でもっと応用していきたい」そう。
動画を見た人からは「田んぼの除草に使えそう」などという声も上がっています。そもそもこの乗り物は何なのでしょう?

この謎の乗りものは、CuboRexが開発した「Cuboard(キューボード)」といいます。投稿者で同社の社長である寺嶋瑞仁さんに話を聞いたところ、「もともとは雪国での新たな移動手段として開発したもの」なのだそうです。

雪上を走る様子

寺嶋さんはもともとバイク乗り。しかし豪雪地帯では、雪が積もると個人用の移動手段が大きく制限され、大抵は自動車しか使えません。レスキューロボットの開発エンジニアをしていた寺嶋さんはその技術を生かし、雪上を移動できる新しい移動手段としてCuboardを開発したのだそうです。「全てのものをコンパクトに移動させたい」が開発テーマです。

その構造は、スケートボードに電動クローラユニットと制御機器&バッテリーケースを取り付けたもの。電動クローラユニットは別の何かにも取り付けられるようになっています。最高時速は20キロで、内蔵バッテリーで約1時間走行可能。車輪が戦車や重機に備わる「無限軌道」なので、畑のようなでこぼこな道もへっちゃらなのですね。試乗会を開催すると、毎回「いいねこれ」「新しい」「楽しい」などと高い評価があるそうです。

構成図
車輪のところが電動クローラユニットになっています(画像提供:寺嶋瑞仁さん)

キューボードを超えるキューボード

Cuboardは、新しい移動手段として、そして前述した農業への応用のほかに、車いすやシルバーカーといった介護、福祉用途への応用も想定しています。

雪上を走るキャリーバッグ

例えばキャリーバッグに電動クローラーユニットを取り付ければ、雪が積もったところでも楽に運べちゃいます。何かいい! Cuboardはただの遊び道具ではなく、実用的で将来性のあるマシンなのかもしれません!


トップへ戻る