超リアルに動く「魚型ロボット」、操縦桿はスーファミのコントローラー?!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

有名な高性能ロボットといえば、ホンダの2脚歩行ロボット「ASIMO」や、ボストン・ダイナミクスの4脚歩行ロボット「SpotMini」などが挙げられる。いずれも生き物のようにスムーズに歩く姿が印象的だが……今回は2脚でも4脚でもない、ちょっと変わったロボットをご紹介したい。

それは、まるで生き物のように動く魚型ロボットである!さっそくそのリアルな泳ぎを動画でご覧いただこう。

関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c

【マジか】米軍の最新鋭潜水艦、操縦桿をゲーム機のコントローラーに変更wwwwwwwwwwww



超リアルな魚型ロボット『SoFi』

動画のタイトルは「A Robotic Fish Swims in the Ocean」だ。冒頭で見えてくるのは、青く美しい海の中で背びれを振りながら泳ぐ白い魚が一匹……と思いきや! なんとこれが魚型ロボットなのである!!

米マサチューセッツ工科大学の情報によると、この魚型ロボットの名前は『SoFi(ソフィ)』。同大学のコンピュータ科学・人工知能研究所のチームが海中調査用に開発したもの。

『SoFi』にはカメラやモーターのほか、スマートフォンなどと同じタイプのバッテリーを搭載。これまでの自律型水中車両よりも、はるかに簡単かつ軽量な設計でありながら、水中環境の動画や写真が撮影できるという。


スーファミと同じタイプのコントローラーを利用

%e7%84%a1%e9%a1%8c

本体の性能もさることながら、とっても興味深いのは、操縦機にスーパーファミコンと同じタイプのコントローラーを利用している点だ。詳細は不明だが、これなら誰でもカンタンに操作出来るような気がする。

動画を見る限り、まわりの魚たちを驚かせることなく泳いでいるようなので、きっと海洋生物の調査などで力を発揮するに違いない。高性能な魚型ロボット『SoFi』の今後の活躍に期待だ。

(参照元:MIT News(英語)


トップへ戻る