【漫画】筋トレを諦めないための新提案「乗っ取られ筋トレ」が斬新すぎて全く参考にならねぇwwwwwwwwww

腕立て伏せや腹筋運動の最中、目標回数までまだあるけどしんどくて途中でやめたくなる……というのは筋トレあるある。

きつくても最後まで投げ出さないための方法として、「体を乗っ取られるようにしています」と斬新な提案をしたエッセイ漫画がTwitterに投下されました。

腹筋の限界に関する新たなソリューション


作者はpixivなどでイラストや漫画を創作している特急みかんさん(@tokkyuumikan)。「のっとられ筋トレ」と題したその漫画では、部屋で一人腹筋をしていたところ……

20回に達してハイ終わり、とやめようとしたら、脳内に「後10回やるのだ…」と謎の声が。

「!? かっ体の自由がきかないっ!?」と何者かに体を支配され、勝手に適切なペースで腹筋を続けてしまいます。

後ろには支配者と思しき影が現れ、「スクワットも含めて今日中に3セットやるのだ…!」とさらに筋トレを強制。「やめろぉー! 筋肉痛になっちゃうーッ!!」と抵抗するものの、「筋肉痛の日はゆっくりと休むのだ…!」とささやかれヒィヒィと続けるしかないのでした。

もちろん実際には支配者がいるわけはなく、超能力や魔術にある「体を乗っ取る力」にかかったと“思い込む”ことで目標を完遂しているというお話。最近特急みかんさんはこの手法で筋トレを諦めないようにしているのだそうです。

発想の独自性とユーモアが笑いを誘う「のっとられ筋トレ」。漫画はTwitterで2000回以上リツイートされ、「すぐにやめちゃうので私も乗っ取られたい」「新しいジャンル」とさまざまな声が集まっています。

想像力と純粋さが必要で明らかにマネするのが難しそうですが、実践するときは「やめろっ」「くっ殺せ!」など心の声が周囲にもれないよう注意したいです。

トップへ戻る