100%シュートを決めるAIロボットがプロバスケ選手と勝負!果たして結果は・・・?

自動車だけでなくホームケアロボット「Human Support Robot」なども開発するトヨタが、プロのバスケットボール選手を凌駕するシュート精度を誇るロボット「CUE(キュー)」を公開しました。

CUEがプロバスケットボールのBリーグ・アルバルク東京の選手とシュート対決をする様子は以下のムービーで確認できます。

バスケットボールのセンターサークルに立つこのロボットが「CUE(キュー)」。身長は190センチメートルだとのこと。

CUEを迎え撃つのはアルバルク東京所属の安藤誓哉選手、ザック・バランスキー選手の二人。


ルールは、フリースローライン横から、10本シュートして入った回数を競うというもの。安藤選手とバランスキー選手は交互にシュートします。

両者ゆずらずの展開の中、バランスキー選手が痛恨のミス。ボールはリングに嫌われて外れました。

なんとか、CUEが外すのを信じて我慢が続く展開でしたが、バランスキー選手の放った10本目のシュートは……

無情にも外れてしまいました。


思わず倒れ込むバランスキー選手。CUEの最後のシュートを待つことなく、敗北が決定。

そして、冷徹なCUEは10本目も決めて、完全勝利。

プロのバスケットボール選手にCUEは完勝しました。



トップへ戻る