嘘だろ……2人のカメラマンが海沿いの全く同じ場所を完全同時に撮影していたことが判明

以前、夫婦が結婚する11年前に同じ場所で写真を撮っていたという、天文学的な奇跡をご紹介した。

関連記事

【鳥肌注意】結婚する11年前に、天文学的確率で二人の身に起きていた奇跡を写真が証明する!!


しかし今回の出来事も、これに負けず劣らず超絶奇跡的な出来事なのでご紹介したい。

アメリカでの出来事

アメリカ・ニューイングランドを拠点に活躍する写真家、ロン・リスマンさんがめったにないミラクルな体験をしたようだ。

3月3日、ロンさんはニュージャージー州にあるグレート・アイランド・コモンズ(Great Island Common)に足を運んだ。

夏はピクニック、冬は海を眺めるのにぴったりの公園で、この日ロンさんは灯台に打ち寄せる巨大な波を撮影する予定だった。

到着後、三脚にカメラをセットしたが北風が強く、木に寄せるようにして待ちながらベストショットを狙った。

無事に撮影を終えて帰宅。編集した写真をインスタグラムに投稿したところ地元のテレビ局がフェイスブックでシェアしてくれて大きな反響を呼んだ。

しかし…

寄せられたコメントから奇跡的偶然が発覚

ところが、その写真を見た人から思いもよらないコメントがきたのだ。これって盗用じゃないの?と。

tower2

tower3

無理もない。この2枚の写真を別々の人物の投稿として見つけたら、普通は盗用だと考えるだろう。

しかしロンさんは2枚の写真をよく比較してみることにしたという。

すると一見、まったく同じ写真だがよくよく確認すると波しぶきや灯台の鉄柵などが微妙にズレており若干離れた場所から撮影されていることが判明した。
tower5

ミリ秒単位まで同じタイミングで撮影されていた

う~ん、それにしても不思議だ・・・そこでロンさんはエリックさんに連絡してお互いにもともとの画像データを共有して比較してみることにした。

Exifデータを見ると計画したわけでもないのにロンさんとエリックさんはミリ秒単位まで同じタイミングでシャッターを切っていたことが判明。

カメラはロンさんがキャノンの5D Mark IV、エリックさんがキャノンの60Dと異なるが、焦点距離はどちらも600mmだった。

ロンさんは絞りf / 8、ISO320、シャッター速度1 / 1000、エリックさんは絞りf / 8、ISO400、シャッター速度1 / 1600で撮影していたことも分かった。

さらに二人の撮影した場所は約28mしか離れていなかった。

tower4

プロの写真家もびっくりのミラクルタイミングショット!

ちなみにロンさんは5年間に渡り、夜空の写真を撮影するワークショップを開催しているそうだ。

 これまで200人以上が同じカメラやレンズを使い、同じ瞬間に同じ被写体を狙って撮影してきたが、ミリ秒単位まで同じ写真というのは見たことがなかったようだ。

写真家もびっくりのミラクルタイミングだったのだ。

ロンさんもエリックさんもこの日の撮影場所はなんとなく選んだらしい。これをきっかけに2人は知り合ったわけだから、ある意味これも運命の出会い?

(参照元:Instagram / Live science

トップへ戻る