アーティストが描くドラゴン。白紙の上に命が吹き込まれていく圧巻のタイムラプス動画!!

0_e3

アーティストのクリス・スカルフ氏は手描きだけで『ゲーム・オブ・スローンズ』のドラゴンを描いた。

その様子を10分間のタイムラプス映像にしてYOUTUBEで公開中だ。白い紙にドラゴンの魂が注ぎ込まれ、灰色の線と線が折り重なり、着色され、最後は紙の中から飛び出しそうな勢いでこちらを見ている。

アメリカ、HBOのテレビドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』は、世界的に大ヒットしたファンタジー大河である。


作中にでてくるドラゴンたちは生物学調査や筋肉組織研究を行いながら、Pixomondo社のビジュアルエフェクト(VFX)チームが手掛けている。

ただの作り物ではなくリアリティがあるのはスタッフの繊細な研究によるものなのだ。

その持ち味を損なうことなくアクリル絵の具で紙の上にドラゴンを生み出すクリス・スカルフ氏。

最初はデッサンだったものが
5

立体化され
6


まるで飛ださんばかりの勢いだ
7

圧倒的迫力
9

10分と言う長めの動画なのだが、その筆の動きに導かれ、気が付けばあっという間に見終わってしまった。すごいなほんと。

11

トップへ戻る