どこまでが絵なの?平面のはずのキャラがノートから飛び出してみえる絵がすごすぎる・・・

これが平面に書いた作品?

早速ですが、こちらのイラストをご覧いただきたい。


実は上の3作品とも、立体ではなく、ノートという平面に描いた作品だというのだ!

こちらの作品を手掛けるのは、漫画家・イラストレーターの水鳥(みなどり)なやさん

今、なやさんの立体的に見えるかもしれない絵が、Twitter上で話題沸騰となっている。


ノートの開き具合や見る角度で立体的に!

さきほどご紹介した作品は、どれも開いたノートに描かれたもので、ノートの開き具合や見る角度によって、このような立体的な作品が生まれるという。

では、角度をつけずにみてみよう。


こうしてみると、確かに平面に描かれているのだが、どうしてもそのからくりが理解できないのは私だけではないだろう。

ネット上では、これらの作品に対して驚きの声があがっている。

・これ絵なの?3Dにしかみえない!
・これが平面のイラストであるとは思えない
・ついに2次元への扉を見つけました
・種明かしみてもまだわからない
・クソ!消しゴムまでも絵だったか・・・!
・いわゆる天才ってやつですね
・ガチで才能を超えた何か
・え!?CGじゃねえの!?神かよ

この類まれな才能に、当然ながら商品化を望む声も多いようだ。

目がおかしくなりそう…(誉め言葉)。

▼水鳥なやさんのモーメントはこちらから

Twitterモーメント

トップへ戻る