死んでしまった身重の猿のお腹をカミソリで切開→見事にお腹の赤ちゃんを救出した女性の行動が称えられる!

「赤ちゃんまで死なせない!」思い切った行動に多くの称賛が!

目の前でもしサルが死んでしまっていて、その上身ごもっていたとすれば・・・あなたはどんな行動をとるだろうか。

亡くなってしまったばかりで、お腹の中の赤ちゃんはまだ息がある。だが普通の人々なら、「もう赤ちゃんは助けられない」として両手を合わせてしまうに違いない。

しかし、今回取り上げるタイの女性はそれでも諦めなかった。

一刻を争う事態

なんとこの女性、亡くなってしまった母ザルのもとにカミソリを持って行き、帝王切開を行ったのである!!

そしてその思い切った行動の結果、見事サルの赤ちゃんが息を吹き返したのである・・・!

その救出の瞬間をカメラが捉えている。

※モザイク処理済みだが、お腹を切り開いているシーンが映っているので閲覧注意。

この勇気ある行動をとったのは、タイ北部ナコーンサワン県に住むパッドタマ・ケドクエビリヤノンさん(36)。

3月2日、彼女は観光客が運転する車にサルが轢かれてしまう瞬間を目撃した。

衝撃的な光景を目の前にし、獣医学の知識が一切ないパッドタマさんであったが、サルのお腹に赤ちゃんがいることがわかると見捨てることができなくなったという。

そこで持ってきたのは、なんと顔用のカミソリ

中を傷つけないよう注意深くお腹を切り開いていくと、お腹からは女の子の赤ちゃんが意識を失っている状態で現れたのである。

この時点で本来なら死んでいると判断してしまうものだが、パッドタマさんは長時間にわたり人工呼吸や心臓マッサージを続ける。

万事休すか・・・

もはや万事休す。誰もがそう思ったその時・・・

少しずつ動きだし、赤ちゃんが意識を取り戻し目を開いたのだ!そのまま優しく体を叩いていくと、ゆっくり元気を取り戻しているようで手足を動かしている。

赤ちゃんを無事助けることができ、動画内でパッドタマさんは笑顔を漏らしている。

この素晴らしい行動が大きく拡散すると、タイ国内外から大きな称賛が寄せられた。

現在の赤ちゃんの姿

タイのテレビ番組では、その後の赤ちゃんの元気な姿が映っている。

パッドタマさんは露店の店番をしながらも赤ちゃんにつきっきりで世話をしているようだ。しっかりと栄養をあたえ、優しい表情で抱きかかえる姿に心が温かくなる。

だがやはりお母さんのおっぱいが恋しいのか、服に吸い付いている姿を見るとどこか切なくなってしまう。そんな心の隙間を埋めてあげるため、赤ちゃんをカゴにいれてどこにでも連れて行き、いつもそばにいてあげているのだそう。

パッドタマさんはニュースメディア・バンコクタイムズの取材に対し、「私はこの子が1人で生きていけるようになるまでしっかり育てていきます。大きくなるまで速いので、一年かそこらで親離れするでしょうね。」と語っている。

サルの赤ちゃんはこれからたくさんの愛情を注がれて大きくなるだろう。パッドタマさんと赤ちゃんに更なる幸福がもたらされることを願うばかりである!

(参照元:Bankok Post

トップへ戻る