スイッチ1台で対戦できる麻雀ゲームが登場!”ついたて”でお互いの手牌を無理矢理隠す仕様は逆にアリwwwwwww

アイティーエルが、3月8日にNintendo Switchのダウンロード用ソフト「HANDY麻雀」を販売すると発表しました。「1台で2人対戦ができる」ということでどんな方法を使ってお互いの手牌を見えないようにしているのかと思ったら、とてもアナログな力技となっていました。逆にその発想はなかった。

handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて




handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて



handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
えぇ……



handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
用語集付き




handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
力技感が高い(以下、画像はHANDY麻雀公式サイトから)



handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
“ついたて”がないとこんな感じ



handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
1人でも遊べます


その方法とは、2人対戦モードを選択すると画面の中心から左右にお互いの手牌が表示されるので、この状態で真ん中に“ついたて”置くというもの。そんなまさかという感じのする光景ですが、合理的といえば合理的かもしれません。

handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
豪快なTVモード

テレビに写した状態で対戦する「TVモード」はさらに豪快で、テレビの真ん中に“のれん”型の目隠しを吊り下げることでお互いの手牌を隠しています。やや無理がある。

「隠せるモノは自分で工夫して作ってみましょう!」とうことですが、携帯モード用の「ツイタテペーパー」を公式サイトで配布中。印刷して簡単なペーパークラフトをすれば使えます。

同ソフトの価格は税込500円。

handhi麻雀 Nintendo Switch ついたて
用語集付き
トップへ戻る