これはタトゥーなのか…?目や口の中まで黒いタトゥーを入れて真っ黒になったタトゥー職人が狂気じみている

タトゥーで全身真っ黒に!

タトゥーやピアスは、今やオシャレとして日本でも多くの人に取り入れられている。しかし、ほどほどにしておくのが賢明だろう。

行き過ぎてしまうと、こうなってしまうからだ!↓↓↓

Work do tonight 😀

Eliさん(@eliinkpiercer)がシェアした投稿 –

こ、怖ぇ・・・

イギリス出身のタトゥー職人エリーさん(27歳)は、眼球も口の中も、とにかく黒いインクを入れまくって、全身真っ黒になってしまったのだ!!!

もちろん、本人がやりたくてやったことである。しかし、眼球にまでタトゥーを入れるという行為は、あまりにも危険すぎる。一体、何が彼をここまで駆り立ててしまったのだろうか。

ピカソの抽象絵画に憧れた幼少期

エリーさんは、10年前から自分改造の道を模索し始めた。そして、その原点にあったのは、幼い頃から憧れてきたピカソの抽象絵画にあったのである。

Old selfie 🤪🤪🤪🤪

Eliさん(@eliinkpiercer)がシェアした投稿 –

結構イケメンだったのに・・・

この改造を理解できるのは自分しかいないんだ。ピカソが幼い頃からインスピレーションを与えてくれたんだ。特に彼の抽象絵画がね。僕は自分の身体をキャンバスにアートを手掛けただけなんだ。ピカソの絵画にあるように、自分自身が抽象的なキャラクターでいたかったんだ。

10年前のエリーさん(左)と現在の姿(右)

同じ人とは思えないというか、もはや右は人なのか疑うレベル・・・。

もともと園芸会社を営み、暇な時間があれば絵を描くことを楽しんでいたエリーさんだが、タトゥー職人になってからは、常に身体の改造のことを考えているという。

リスクは承知ですが、この身体の改造は一生終わることはないでしょう。残りの人生を、仕事と改造に捧げるつもりです。

そう話すエリーさん、くれぐれもこれ以上の行き過ぎた改造には注意してほしいものだ。

Photo by @richardxmensah

Eliさん(@eliinkpiercer)がシェアした投稿 –

以下は歯茎に墨を入れる動画(※閲覧注意!!)
▼慣れているはずのエリーさんでもうめき声を上げる・・・そんなに痛いのか。

Gum tattoo. Hand poked black by @sakuraavalon

Eliさん(@eliinkpiercer)がシェアした投稿 –



トップへ戻る