【どう思う?】リッチなYouTuberがホームレスの格好でレストランに行ってみた社会実験動画が賛否を呼ぶ

「人を見かけで判断してはいけない」とはよく言われることだが、なかなか難しいのが本音ではないだろうか。高級そうなスーツを着た人を見たら、「裕福なのかな」とか「大企業の重役か何かかな」なんて思ってしまうものである。

そんな人間の固定観念はどこまで存在するものなのか。あるリッチなYouTuber(ユーチューバー)がホームレスの格好でレストランへ行く社会実験を実行して、注目を浴びているので紹介したい。さて、結果はどのようになったのだろうか!?

リッチなユーチューバーがホームレスの格好で社会実験

27073412_1319129738187685_3284975920039032094_n

ホームレスの恰好でレストランに出向いたのは、ドッキリを仕掛ける人気ユーチューバーのコルビー・パーシンさんだ。動画「Homeless Billionaire Exposes Restaurant!」に登場した彼は、みすぼらしい服装で黒のゴミ袋を手にレストランへ。

まずホームレスに成りきったコルビーさんは、案内係に「俺と友達のロナルドの席を取りたいんだけど」と告げる。しかし、案内係はコルビーさんをピシャリとシャットアウト。「申し訳ありませんが、それは出来ません」と断る。

食い下がらないコルビーさんは、続いて「メニューだけでも見せてもらえないか?」と聞いてみるも、冷たい返事が返って来るだけ……。「金はたくさん持ってるんだ」と言っても、信じてもらえないのか埒(らち)が明かない感じである。

大金を見せて「ざまぁ」と言わんばかりの様子のコルビーさん

動画はこちら

そこでコルビーさんは、友達のロナルドさんに電話をかけて事情を説明。しばらくすると、高級車のロールスロイスがレストラン前に到着する。そして車のトランクからアタッシュケースを取り出して開けると、中には札束がビッチリ! これには案内係も言葉が出ないようだ。

その後、コルビーさんは案内係に「金は持ってるって言っただろ。見かけだけで、こんな風に判断するなんてクレイジーだ。このレストランを買って、お前をクビにだって出来るんだ。ラッキーだと思え。ステーキ屋に行こうぜ!」と捨て台詞を残して退散したのであった。

レストランには客へのサービスを断る権利がある

コルビーさんは見かけで判断されて本気で怒っていたように見えたが、アメリカの飲食店のほとんどには「We Reserve The Right To Refuse Service To Anyone (誰にでもサービスの提供を断る権利があります) 」というサインが掲げられている。

皆さんはどう思うだろうか?

確かにサービス提供を拒否されて傷つく社会的弱者も中にはいると思うが、黒いゴミ袋を持って入店しようとする客を止めるのは、企業倫理的にさほど逸脱した行為とは言い難い気がする。

トップへ戻る