【意味不明】時限爆弾を使った中国の軍事訓練「ホットポテトゲーム」が危険すぎるwwwwwwwwww

軍事訓練とは、敵との戦闘中に必要とされる規律・精度・勇気を養うための厳しい道のりです。

その中でも、中国人民解放軍の兵士達の間で最も恐れられている訓練の1つが「ホットポテトゲーム」という、時限式爆弾を使用した訓練です。その内容は、丸い穴を囲むようにして立ち並んだ兵士達が、導火線に火がついた爆発寸前状態の爆弾を手渡しで回し合い、最後の1人が穴に爆弾を投げ込んだのを確認した後、全員が勢いよくジャンプして爆発を回避するというもの。実際の訓練風景を撮影した映像がコチラ。


(※ホットポテトゲームは1:25~)

導火線に火がついた爆弾を手渡していく

nintchdbpict000383710839

そろそろ爆発しそう?なタイミングで穴に投入

nintchdbpict000383710839


軽くジャンプするようにして地面に伏せる兵士たち

nintchdbpict000383710839

爆発。映画以外ではまず見ないような光景

nintchdbpict000383710839


一歩間違えれば全員が爆死しかねないという危険すぎる訓練内容に、動画を見たネットユーザーからは驚きの声が多く寄せられました。しかし一部のネットユーザーからは「爆発しているのは元から穴の底に仕掛けられている爆弾であり、兵士達が手に持っている爆弾はフェイクだ。これは中国軍による一種の誇示行為だろう。」と推測する声も挙がっているようですが、その真偽は明らかになっていません。
<海外の反応>

・何のためにこんなことやってるの?
・陽気なジャンプだね
・こうやって恐怖に慣れさせていくんだよ
・端に落としたのに穴の真ん中から爆発してる
・彼らには演技の訓練が必要
・これは手榴弾じゃない。手榴弾から煙は出ない
・本当だとしたらあまりにも愚か過ぎるよ
・どっちにしろ危険なのは確か
・兵士とは消耗品だ
・人口抑制の一環としてやっているんだろう

(参照元:dailymail

トップへ戻る