【なぜ作った】44体のファービーを鳴らす「ファービーオルガン」がエレクトロでわりと素敵wwwwwww

鍵盤を押すことでファービーを歌わせることができる改造楽器「ファービーオルガン」を演奏する動画がYouTubeに公開されています。

日本でも大流行したおもちゃ、ファービー。自宅の押入れに眠っているという人も多いのではないでしょうか。ロンドンを拠点に活動するアーティスト・Sam Battleさんはそんなファービーたちを、楽器へと生まれ変わらせてしまったのです。


イメージ図の画像
構想していたイメージがこちら

SamさんはeBayやチャリティーショップなどで計44体のファービーをかき集め、「ファービーオルガン」を作成しました。お披露目された完成品は、ノートに書いていた構想イメージほぼそのまま。Samさんも得意げに両手の親指を立てます。


お披露目の画像
ドヤァ

いよいよ演奏です。ファービーオルガン本体のスイッチを入れるとファービーたちも起動し、スタンバイ完了。この時点でファービー達は思い思いにおしゃべりを始め、すでにカオスな状況。チューニングを済ませたSamさんが鍵盤を押さえると、ファービーの声が合唱のように響き始めました。途中でドラムの音も追加すると、あれ、なんだか癖になるハーモニー……。


演奏する画像
騒がしいのもファービーらしさ

演奏の傍ら、ファービーを改造していく様子を映した映像が流れていきます。ファービー1体1体にそれぞれ音を組み込んでいく作業を44体分……。動画説明欄にも「膨大な時間がかかった、はぁ……」と書いてありますが、気が遠くなる工程ですね。

ファービーを改造する画像
トップへ戻る