【壮絶】祖父による虐待で体重16kgになった日本人女性、当時の写真を公開し虐待・摂食障害の注意喚起

近年、児童虐待に関するニュースをよく耳にする。

「どうして周りに助けを求めなかったのか」「なぜ逃げなかったのか」などと第三者は口にしがちだが、それは当人にとって選択肢のひとつにもならない。

なぜなら、このような環境下におかれた状態で、すでに洗脳されてしまっているからだ。

食事禁止!体重16㎏の写真を公開!

Twitterユーザー「淡々と白菜さん」(以下Tさん)が、過去に受けた虐待内容や当時の写真を公開し、今世界に衝撃を与えている。


それはこちらの写真をみていただければ、一目瞭然だろう。

dujc1bivmaew6s


dujc3youmaeqxfy dujc58lu0aaj1q6

現在25歳になるTさん。当時15歳だったTさんは、母子家庭で育ち、母方の祖父母とともに暮らしていたという。

家のなかで絶対的存在だった祖父の「働かないなら食うな」という一言で、Tさんは食事をさせてもらえなかったというのである。

空腹に耐えきれず、祖父の目を盗んで何かを食べているのがみつかれば、Tさんが吐くまで執拗に暴力を振るわれたという。


身長156㎝のTさんの体重は16㎏まで落ち、ついには目を開けたまま気絶。ここにきて、ようやく母親が救急車をよび、ICUに緊急搬送されたのである。

発見があと10分遅ければ命を失っていた、、、Tさんが公開した写真をみると、命があったことすら奇跡に思えるほどだ。


トップへ戻る