-35℃の極寒!車の下で足が凍って動けなくなった猫を救助。果たして運命は・・・

これは2016年、ロシアでのお話。

その日、ロシアはマイナス35℃とかなりの寒さだった。

そんな中、とあるカップルは自らの所有する車の下に1匹の猫を発見。

この寒さの中佇む子猫を不信に思ったカップルが車を移動させ、猫に近づいてみると、どうやら凍えて動けなくなっている様子・・・。


しかもよーく見ると足元は完全に凍ってしまっているではないか!!

このまま猫を見捨てて置けない優しいカップルは猫を救出することを決断。

そんなカップルの行動。その一部始終を映した動画がこちらだ。

寒そうに凍える猫。

%e7%84%a1%e9%a1%8c


お湯をかけてあげると少しずつ氷が溶けていき、自由になっていく。

寒さのせいか、小刻みに震えているのが印象的だ。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

自分が助けれられていることをわかっているのか、暴れだす様子もない。


最後には無事救出。コートに包まれ、なんとか一命を取り留めた。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

このカップルの行動には世界中が絶賛。

2016年に公開されたのにも関わらず、今も尚多くの人に支持されている動画の1つだ。

この後、動物病院へ連れて行ったところ、幸い目立った怪我もなく、今は見つかった新しい里親と共に暮らしているそう。

(参照元:The Siberian Times



トップへ戻る