キモい犬型ロボットがドアを開ける動画がシュールすぎてジワいwwwwwwwwwww

数々の高性能ロボットを発表している米国の企業「ボストン・ダイナミクス社」。同社が開発したロボットの中でも、世界的に有名なモデルのひとつが不気味な動きの4脚歩行ロボットである。

小型4脚歩行ロボット「SpotMini」が登場

dwb_wocwaaazvgj

進化したロボットの姿は、YouTube上で公開されている動画『Hey Buddy, Can You Give Me a Hand?』で見ることができる。再生すると、登場するのは小型4脚歩行ロボットのSpotMiniだ。

トン、トン、トン……と建物の中を小気味良い足取りで歩くSpotMini。やがて目の前にドアが立ちはだかり、進路を失ったことで後ずさりする。しかし、そこからが見どころ。アームのついたもう一体のSpotMiniが出現すると……!

ドアを開けてエスコート

なんと「はいはーい、開けますよ〜」といった調子で、アームや脚を器用に使ってドアをオープン! しかも、まるで「お先にどーぞ」と言わんばかりに、もう一体をエスコートするのだ!! その後、2体のロボットが扉の向こうへ消えたところで動画は終わる。

まるで寸劇を見ているよう・・・

「あーいそがし」

dwb_wocwaaazvgj

「ファ?詰んだやん」

dwb_wocwaaazvgj

「おーい。頼むわ」

dwb_wocwaaazvgj

「うぃ」

dwb_wocwaaazvgj

「よっこい、せ」

dwb_wocwaaazvgj

「っしょ。っほいっ。。ホンマ往生するわぁ!」

dwb_wocwaaazvgj

「・・・入り」

dwb_wocwaaazvgj

「おおきに」

dwb_wocwaaazvgj

いやはや、ロボットらしからぬ滑らかな動きでドアを開けるのみならず、助け合うことまで出来てしまうとは驚きである。進化を続ける「ボストン・ダイナミクス社」のロボット。その可能性はまだまだ計り知れない。


トップへ戻る