【おいマジか…】宝くじで1億4000万円当たった男性、パーティーを開くも当選クジを紛失し自殺してしまう・・・

宝くじは人生を破滅させるというウワサがあります。

巨額のお金を保有・扱うことに不慣れな一般人が、ある日突然お金を手に入れてしまうことで金銭感覚が狂ってしまうなどが原因としてはあげられるようです。

そしてこの男性も、その一人と言えるかもしれません。

宝くじで1億4000万円に当たった男性 パーティーの最中に当選クジを紛失してしまい鬱になり銃で自殺 | ゴゴ通信

宝くじ 紛失 自殺に関連した画像-02

タイ東部チョンブリ地域出身のジラウツ・ポンパン(JirawutPongphan‧42)は、昨年11月に同じ番号で宝くじ購入したところ、1等に当選した。当選金は合計4200万バーツ(約1億4430万円)。

男性はあまりの嬉しさに家族や友人を家に呼んで盛大なパーティーを行った。

しかし、幸運は長くは続かなかった。酒に酔って覚めた翌日になると宝くじが消えていたのだ。我に返った男性は、うつ病に陥って仕事に行くことすらできなかった。

2018年1月31日、ポンパンは、最終的に拳銃で自殺してしまった。

遺書には「本当にごめん。私の家族に嫌がらせをしないでください。私は宝くじに当たったが、それを失ってしまった」と書かれていた。

以下、全文を読む

<ネットの反応>

・えぇ・・・・

・つらすぎる

・これ盗んだの絶対参加者だろ…

・やっぱ盗られたんかなぁ

・俺がそのパーティに呼ばれたら、何としてでも当たりクジを盗むことを考えるよw

・何故換金してからやらなかったのか

・自分だったら当たっても絶対に内緒にするかなぁ。

・やはり高額の宝くじが当たったとしても絶対他人に教えてはいけないな(´・_・`)

・お金のことは言うべきじゃないわね(´・ω・`)

・持ち慣れないお金は人を不幸にするものだ。


トップへ戻る