【平昌五輪】日本人選手からドーピング反応。冬季五輪の日本人としては史上初の違反者か?

<五輪スケート>斎藤慧がドーピング陽性反応 Sトラック – Yahoo!ニュース


平昌五輪ドーピングに関連した画像-02

平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21)がドーピング検査で陽性反応を示していた事が明らかに。

違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めて。夏季五輪では1984年ロサンゼルス五輪のバレーボール男子の選手から興奮剤が検出された事例がある。

レースより前に実施された抜き打ち検査で検出されたとのこと。

以下、全文を読む


<ネットの反応>

・薬物の種類によっては
日本の選手団全員に悪いイメージが付いてしまう

・意図してやったなら一生競技に関わらないでほしい。
弁明を待つ。

・何飲んだんだ?
ドーピングに関しては相当厳しく選手に話してるはずだけど、不注意だったのか、それとも意図的か、あるいは風邪など病気になり安易に薬を飲んでしまったのかな・・・
いずれにしても、B献体検査の結果次第ですね

・細心の注意を払わなければいけないのにこうなってしまった。
意図的にばれないと思って薬で勝負に出たのか、何かの風邪薬とかに混じっていたのか分らないが、兎に角アウトだ。

・何故か「あぁ日本選手からやっぱり疑惑が出たか」って思ってしまう。場所が場所だけに。

・数ヶ月前にカヌーの選手がライバルから飲み物に薬入れられて引っかかってたのがニュースになったけどその手かな?風邪薬などに関しては厳しく言われてるだろうから安易に飲むと思えないし…
故意じゃないことを願います。

・場所が場所だけに盛られた可能性もあると思う

・意図的じゃないと思いたいな。ドーピングならアウトだわ



トップへ戻る