芸術家がガチで鉛筆を削った結果wwwwwwwwwwwwww

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる00
こちらはアメリカ・テキサス州に住む芸術家のボビー・デュークさんの彫刻作品。

以前に紹介した「鉛筆の芯のアート」とは違い、こちらは鉛筆の木の部分も使ってのアート作品です。

接着剤は一切使っておらず、なんと1本の鉛筆から削り出されたものなのだそうです。

驚きの制作風景をご覧ください。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる01
使用するのは、どこでも買える普通の鉛筆。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる02
1本取り出しアタリをつけてから、先端からカッターで削り出します。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる03
2cm程度、芯だけを露出させた状態。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる04
六角形に削り、細かい部分を整えて鉛筆の形に。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる05
中間の部分も、元の鉛筆よりも一回り小さい六角形になるように電動ヤスリで削ります。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる06
小さな鉛筆が2本出来上がりました!

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる07
仕上げに色を塗って……。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる08
ペンで文字を書き込んで……。

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる09
完成!

芸術家が本気で鉛筆を削るとこうなる10
先端の鉛筆の文字もこのとおり。
ここだけを見せられたら、まさかこれが鉛筆の芯でできているとは思いませんよね。

欲しいと思ったものは、すぐに自分で作ってしまうと語るボビーさん。

以前に紹介した「鉛筆の芯のアート」もご一緒にどうぞ。

トップへ戻る