あなたはまだ本当のロシアを知らない。ドラレコ映像で作られたドキュメンタリー映画がガチでおそロシアwwwwwwwwww

エキセントリックな出来事が日常的に起こることで知られるロシアでは、自動車にドライブレコーダーを搭載するのがデフォルトのようだ。

世界的に見て人口当たりの事故死リスクが高いこと、交通違反を取り締まる警察官への不信感などが理由としてあるらしい。

だからまあこんなドキュメンタリー映画も制作できちゃうってことなんだろうけど・・・これって本当にドキュメンタリー映画なのか!?

ロシア出身のドミトリー・カラシニコフ監督による「The Road Movie(ザ・ロード・ムービー)」が安定のおそロシアだと注目を集めている。

さまざまな自動車に搭載されたさまざまなドライブレコーダーに映った風景をまとめたものらしいのだが相当ヤバイ。

ドライブレコーダーがとらえた決定的瞬間!?

ロシアのドライブレコーダー映像の総集編ともいえるドキュメンタリー映画「The Road Movie」。

公開されているトレーラー映像を見ると、こんなことが日常的に起こるのか!?なクレイジーな決定的瞬間がいろいろとおさめられているようだ。

russia3_e

image credit:YouTube



russia4_e

image credit:YouTube

ガソリンスタンドで給油の順番待ちをしていると前の車から火の手があがったり、なぜか全裸の女性が道の真ん中を闊歩していたり・・・。

グチャグチャにつぶれたトラックがいきなり突進してきたり、前方のトラックの荷台から子どもが落下してきたり・・・・。

また、洗車場に行くと戦車が戦車中、見知らぬ男性が意味不明にボンネットに座る、いつの間にやら水中を走行・・・などなど日本では考えられないシチュエーションばかり。

russia5_e

image credit:YouTube



russia6_e

image credit:YouTube

自動車を運転中にこんなハプニングに遭遇したら腰抜かすわってレベルのものも多そうだけどもこれがドキュメンタリーってところがさすがおそロシアだわ。

なお「The Road Movie」はアメリカで1月19日より劇場公開されているほか公式サイトにてダウンロード視聴の予約がスタートしている。

3月6日より視聴可能で、価格は約1650円となっている。いやこれはぜひとも見たいしできれば映画館の大画面で見たい。

余談だけども公式のトレーラー映像が著作権侵害の申し立てがあったとかで削除されているんだけども劇場公開して大丈夫だったのか!?そういうのもおそロシアっぽいのか!?

(参照元:Imdb



トップへ戻る