「助けて…」最後の力でしっぽを振る感染症のワンコ。瀕死の状態から果たして助かるか…

インドを拠点に路上で生きる動物たちの保護を行う「Animal Aid Unlimited」。今回レスキューチームが向かった現場には、ぐったりと横たわる1匹の犬がいました。

distemper2_R

自分の力で立ち上がる元気もないくらい瀕死の状態・・・しかしレスキュー隊の方が側に近寄ると、助けを求めるように最後の力を振り絞って、しっぽを振るのです。
distemper3_R
優しく抱え上げ、治療のために連れて帰ります。
distemper_R
診察の結果、犬ジステンバーに感染しているということが判明しました。犬ジステンバーは放っておくと死に至ることもある感染症です。レスキューチームは、2週間に渡り抗生物質や点滴で治療し、ケアを行いました。
distemper4_R

そして2週間後・・・

▼保護の様子、その後の様子は、ぜひ動画にてご覧ください。

Animal Aidの保護と治療

治療とサポートのおかげで食欲は戻り、ふたたび歩けるように!よかった~~♡
distemper5_R
腕の中に抱かれリラックスしている様子を見ると、ほっと一安心。
distemper6_R

適切な治療だけでなく、優しいスタッフさんたちとの触れ合いも、この子を元気にしてくれたのかもしれませんね。

トップへ戻る