【衝撃映像注意】世界三大激痛の1つ「自殺頭痛」の発作が想像を絶していた……

「群発頭痛」通称”自殺頭痛”とは、尿路結石や心筋梗塞に並ぶ”世界三大激痛”の1つとして数えられている病気です。この病気を発症した人は、時間や場所を問わず日常的に激しい頭痛に襲われるようになり、その痛みから逃れるために”自殺”を考えるほどなのだとか。

ハリーポッターで有名なダニエル・ラドクリフは、自身が群発頭痛患者であることを告白しています


image credit:RO69

この病気を発症した人達は口々に、「目玉をスプーンでえぐられるような感覚」「目の裏側を刃物で突きさされるような痛み」など、想像するだけでもおぞましい体験談を語っています。頭痛は一定期間に集中して起こり、年間を通して約1~3ヶ月の間、毎日この痛みが続くそうです。また、一回の発作の持続時間には個人差があり、10分で治まる場合もあれば、数時間に亘って痛みが続く場合もあるのだとか。

発作中はあまりの痛みに叫び声を上げずにはいられないほどで、痛みを紛らわそうとして自ら壁に頭をぶつけることも。痛みを和らげる方法としては酸素吸入や注射薬などが挙げられますが、効果には個人差がある模様です。

発作が起きている群発頭痛患者の様子(※音量注意・衝撃映像注意)

この病気に対する有効な治療法は未だ確立されていませんが、群発頭痛が直接の原因となって命を落とすことはないのだとか。

しかし、見た目には何の異常も現れないがゆえに、この病気に対する周囲の理解を得られず、また、群発期には日常生活もままならないために、精神的苦痛から自殺してしまう方もいるのだそうです。この病気は発症前に予防することの重要性が高いため、予兆を感じた場合には早期に受診することが呼びかけられています。

『【衝撃映像注意】世界三大激痛の1つ「自殺頭痛」の発作が想像を絶していた……』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/05/20(日) 02:24:24 ID:2c4621ed4 返信

    発症前に予兆を感じることが重要と書いてあるのに予兆が何かは全く書いていないのはなぜですか?

トップへ戻る