しかしそれは写真ではないっ!!超絶技巧のタトゥーがリアルすぎて引くレベル

驚くべき写実性!!

世界的にタトゥー人口が増える中、アーティストたちの技術も研ぎ澄まされつつある。

これまでに様々なアイデアを凝らしたタトゥーが登場しているが、この人物のタトゥーは一目見れば驚くに違いない。

それがコチラだ。

コチラはアイアンマンのタトゥー。とてつもないリアルさで、息遣いすら感じさせるクオリティの高さである。信じられないだろうが、これは通常のタトゥーの方法で彫られたものなのだ。

このタトゥーを手掛けたのは、ポーランド在住のキャロル・リバコフスキー(30)。

世界トップクラスの技術を持つとして一躍有名になっており、人の顔や写真をもとに彫る”ポートレイト・タトゥー”の第一人者である。


芸術大学でファインアートを専攻し、卒業後タトゥーアーティストとなったリバコフスキーであるが、それまであまり名が知られていなかった。しかし4年前からインターネット上で彼の作品が公開されるようになると、多くの人々の心を射止めるようになったという。

「肌にフォトショップで合成しただけなんじゃないか?」と言われたこともあるほどのリアルテイストが話題となり、現在11万6000人以上のフォロワーを抱えている。

タトゥーの域を超えるほどの美しさをご覧あれ!

・ブラッド・ピット

ブラッド・ピット。映画のワンシーンを思い出すようなつややかな表現力!


・ジャック・ニコルソン

ジャック・ニコルソン。あ~、これは「シャイニング」でパパがおかしくなっていくシーンだな~。

・ナタリー・ポートマン

「レオン」のナタリー・ポートマン。古い映画のフィルムによる空気感も表現されており、お見事。


・愛娘

もちろん有名人だけではなく、お子さんのポートレートも要請されることもあるようだ。愛情のこもったやさしい視線が伝わってくる。

・愛犬

そして犬のポートレートも生き生きとしており、素晴らしい腕前だ!愛犬のタトゥーを彫る人々は世界でも増え続けているそう。


いかがだっただろうか。世界では既にタトゥーは、ギャングや不良だけのものではなく、自己表現や芸術と化していることが伺える。

筆者自身はタトゥーについて、自分に入れることはしないのだが、こういった世界をとても興味深く感じてしまう。タトゥーも一つ文化として成熟しつつあるのだろう。

下のリンクからリバコフスキーの作品がご覧いただけるので、気になった方は是非チェックしてほしい。彼のセンスにきっと脱帽するだろう!

(参照元:Instagram


トップへ戻る