首都圏積雪に北国からのアドバイス!都民は「#北から目線」の声を聞け

本日2018年1月22日は、広い範囲で積雪が予想されている。ウェザーニュースによれば、関東の広い範囲でも雪が積もる見込みのようだ。これに先立って、雪深い地域の人々から有難い知恵がもたらされている。

Twitterでハッシュタグ「#北から目線」を付けた投稿が相次いでおり、それを見ると雪国の英知であふれているのだ!

「#北から目線」の投稿

https://twitter.com/sansnopanntu/status/955182055331045376

「歩幅はいつもより狭く」
「雪道歩くときは重心を下げて」
「手袋必須」
「靴下は二枚重ね」
「女性は腰から下ちゃんとあったかくして」
「雪がなくても凍って滑るからどこでも注意」
「雪降ったら、積もってるとこ歩いた方がいい」

手袋は重要

……など。これらの投稿のなかで、雪道を歩くのに慣れていない人にとって、重要だと感じたのは、「手袋の着用」だ。ポケットに手を突っ込んで歩いていると、足を滑らせた時に受け身をとれないだけでなく、もしも慌てて手をついた時に路面が凍っていると、手をケガする可能性も考えられる。

このほかにも車に関する有用な投稿も見られるので、雪に慣れていない地域の人は参考にして欲しい。繰り返しになるが、今夜から明日の降雪には十分に注意しよう。

トップへ戻る