【泣き笑い】葬式に喪服ではなくふざけたドレスで参列した男性…その理由に涙が止まらない

とある英国兵の葬儀にドレスを着た男性が現れました。しかも、ライムグリーンにネオンピンクというケバケバしい組み合わせ。葬式には全く相応しくない格好ですが、実はそこには熱い男の友情があったのです。

Privat-Kevin-Elliot-3


英国兵であるケビン(Kevin Eliot)はアフガニスタンへ任務に行く前に、一番の親友のバリー(Barry Delaey)と冗談を交わしました。

ケビン「もしオレがアフガニスタンで死んだら一番ダサいドレスで葬式に来てくれよ(笑)」

バリー「ハハハ、もちろんだよ(笑)」

深い友情で結ばれていた二人は、任務中にも互いに連絡を取り合っていました。

そうして、3年の月日が流れた後、バリーに届いたのは訃報でした。バリーは友人との約束を果たさなければならない日を迎えてしまったのです。

バリーのドレスを笑う者は一人もいなかった

葬式の日、会場に現れたバリーが身にまとっていたのは、「ライムグリーンのドレス」に「ネオンピンクのソックス」という最悪の組み合わせでした。

Privat-Kevin-Elliott-2

しかし、この約束を知った参列者たちの中に、バリーをバカにするものは誰一人としていません。全員が二人の友情を温かい目で見守りました。

ケビンのお墓の前にしゃがみ込んだバリー。

「このドレスの色はどうだ?とびっきりダサいだろ?」と聞いてみました。

しかし、その瞬間、二度とケビンの声を聞くことはできないのだということを思い出し、泣き崩れてしまいました。

Private-Kevin-Elliott-4

きっちりと男の約束を守ったバリーに、天国のケビンも「あいつホントにやってるよ(笑)」と、笑い泣きをしているのではないでしょうか。
参照元:twentytwowords.com

トップへ戻る