ゲームボーイの白黒「スーパーマリオランド2 6つの金貨」をカラー化した猛者現るwwwwwww

1992年に発売されたゲームボーイ向けゲーム「スーパーマリオランド2 6つの金貨」は、モノクロの横スクロールアクションゲームです。しかし、ゲームハッカーであるToruzz氏がハックロムにより、なんとモノクロではなくカラーでゲームが楽しめるようにしてしまいました。

Romhacking.net – Hacks – Super Mario Land 2 DX

A Christmas gift from Game Boy ROM hackers: Super Mario Land 2 in color | Ars Technica


ゲームハッカーのToruzz氏が、「スーパーマリオランド2 6つの金貨」の発売25周年を記念して、元々はモノクロの6つの金貨をカラーにするIPSパッチを無料配布しています。任天堂はこれまで「スーパーマリオランド2 6つの金貨」のカラー版を公式にリリースしたことはないのですが、「スーパーマリオブラザーズ」のカラー版となる「スーパーマリオブラザーズデラックス」を2000年にゲームボーイカラー向けに発売しており、そこからパッチの名称が「Super Mario Land 2 DX(スーパーマリオランド2デラックス)」と名付けられています。なお、Toruzz氏のパッチを当てたROMは、そのままゲームボーイカラーでプレイできるよう特別設計されています。

パッチを当てることで、6つの金貨はゲームボーイカラーの拡張カラーパレットと高速なCPUサポートを追加し、最大56色まで同時に表示できるようになります。


カラーになることでステージの臨場感が増し……

モノクロだとイマイチわかりづらいマリオの変化も一発でわかるようになります。


Toruzz氏によるパッチはモノクロの6つの金貨をカラー版にするだけではなく、マリオとルイージの飛び跳ねる動きを微調整するなど、多岐に及びます。

任天堂の開発コミュニティで行われてきたハックロムと言えば、MOTHER3の英語版パッチやゲーム「ドンキーコング」のマリオとポリーンの立場を真逆にするものなどが現在になっても公開されています。

トップへ戻る