Nintendo Switchは「アメリカ史上最速」で売れている家庭用ゲーム機らしい・・・

任天堂の売上データによると、2017年3月3日に発売されたNintendo Switchは、約10か月の期間でアメリカだけで480万台以上販売されています。この記録はアメリカ史上最速で売れている家庭用ゲーム機と言えるそうです。

Wiiを超える

任天堂は発売から10か月でアメリカだけで約480万台ものNintendo Switchを販売しました。Nintendo Switchの販売台数推移は、2006年に発売されて以来、世界中で1億台以上も販売されたあの「Wii」を上回るペースであり、アメリカ史上最速のペースになるとのこと。なお、これまで発売日からの約10か月で最も売れていた家庭用ゲーム機はWiiで、記録は約400万台だったそうです。

Nintendo Switchの人気を後押ししているのは強力なゲームタイトルの数々です。アメリカではNintendo Switch所有者の60%が「スーパーマリオ オデッセイ」、55%が「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を所持しているという驚きのデータがあります。また、これらのゲームは「Nintendo Switch史上最高のゲーム」というだけでなく、これまでにリリースされてきたあらゆるプラットフォームのゲームの中でも特に高い評価を受けているゲームでもあります。加えて、アメリカのNintendo Switchユーザーの50%以上が「マリオカート8 デラックス」、20%以上が「スプラトゥーン2」を所持しており、任天堂のオリジナルゲームタイトルの強さを如実に示す結果となっています。

Wii Uの失敗から学習

また、任天堂はWii U時の失敗をいかしてか、Nintendo Switchではサードパーティー製のゲームが既に300タイトル以上も販売されています。この中にはElectronic Artsの「FIFA 18」やUbisoftの「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」、Mojangの「Minecraft」、セガの「ソニックマニア」、カプコンの「ULTRA STREET FIGHTER II The Final Challengers」、Psyonixの「ロケットリーグ」、さらには日本でも間もなく発売となるベセスダ・ソフトワークスの「The Elder Scrolls V: Skyrim」や「DOOM」などがあります。他にも、「Overcooked」や「Stardew Valley」など、インディーズのゲーム開発者からもNintendo Switchは強い支持を受けています。

好調な売上を記録するNintendo Switchがなぜ売れているのか?について、海外ゲームメディアのPolygonは6つのポイントを挙げています。

Why the Nintendo Switch is selling so well – Polygon

https://www.polygon.com/2018/1/4/16849672/nintendo-switch-sales-numbers-success-price-mario-zelda

1.

ポイントのひとつ目は、Nintendo Switchが家庭用の据え置き型ゲーム機でありながら携帯ゲーム機にもなるという新しいコンセプトを持ったゲーム機であるため、「市場に純粋な競争相手が存在しない」という点。

2.

2つ目は「2017年の最高のゲームを持っていた」という点。「最高」という言葉は主観的なものになってしまいますが、多くのゲームメディアの評価やThe Game Awards 2017日本ゲーム大賞といった国内外のゲーム賞を見ると、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「スーパーマリオ オデッセイ」が高い評価を受けたことは明らかです。Nintendo Switchの発売初年度にこれらのタイトルを用意できたことが、Nintendo Switchヒットにおいて大きな役割を果たしたとPolygonは見ています。また、Polygonは「他の2社(PS4のソニーとXbox OneのMicrosoft)が2つのゲームだけでゲーム機を売るのは難しいが、任天堂にはそれができる」と記しています。

3.

3つ目のポイントはNintendo Switchの「正しい価格」とPolygon。Nintendo Switchは299.99ドル(日本では税別2万9980円)で、PS4の発売時の399.99ドル(日本では税別3万9980円)や、Xbox Oneの499.99ドルよりもかなり安く設定されています。「衝動買いできる価格というわけではないものの、Nintendo Switchは十分に安価である」とPolygonは記しており、PS4やXbox Oneに続く2台目のゲーム機として使ったり、久しぶりにゲーム機を購入してみようという層にもアプローチできている、としています。

4.

4つ目は「任天堂が希少さを管理」した点を挙げ、「任天堂は販売記録を更新するにはどれくらいの台数を用意すべきかをよく知っている」とPolygonは記しました。また、発売時に売り切れが続出したように、Nintendo Switchの販売台数を巧みに管理することで希少さをアピールしたことも販売台数増加に貢献したとしています。

5.

TVリモコンの「スイッチ権」を複数人で争うような大家族などにとって、画面付きのNintendo Switchは他の家庭用ゲーム機と比べて利点を持つことになるとのこと。また、Nintendo Switchは他のゲーム機よりもガジェット感が少なく、おもちゃ感が強いため、子どもを持つ親が安心して子どもに与えることができる、とPolygon。さらに、「スーパーマリオ オデッセイ」や「マリオカート8 デラックス」のように家族で一緒に遊べるゲームも多いという特徴もあります。これらをまとめて「子どもを持つ親がゲームを買うことを正当化しやすい」という点が、Nintendo Switchが売れる理由の5つ目になるのではとしています。

6.

Nintendo Switchは据え置きゲームと携帯ゲームの利点を取り入れ、2つのコントローラー(Joy-Con)で1人でも2人でも遊べるようにゲームをデザインしています。これにより、Nintendo Switchユーザーはいつでもどこでも好きな場所で複数人でゲームをプレイできます。「マリオカート8 デラックス」や「Overcooked」のようなマルチプレイに対応したゲームにとってNintendo Switchは最も適したゲーム機であり、友達や家族とゲームをするためにTVを用意する必要もなく、複数のコントローラーを用意するのに多くの出費がかかるわけでもありません。こういった使用例の想定が優れており、もはやNintendo Switchは「社会システムだ」であり、これこそがNintendo Switchが売れた6つ目の理由であるとPolygonは記しています。

トップへ戻る