ディズニーで「障碍者が横入りしてる」と嫌な顔をされる件について障碍者本人が吐露

普段からたくさんの来場があるディズニーランドは、GW期間中など長期休暇の際にはとくに大繁盛し、人気のアトラクションに乗るため長蛇の列ができます。

そんな中、障がい者の方々がカードを使って列の中に入る、という光景は見たことありませんか? この光景だけ見ると待ち時間なしで楽しんでいるように思えるかもしれませんが、じつはそうではないのです。


Twitterユーザーのゆきこさん(@dmikidafumm17)が、明かしてくれました。

fireshot-capture-228-_twitter%e3%81%ae%e5%8a%9b%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%81%e7%9a%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ab%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%93


chxl9nsu4aag1wg_r

このツイート(既に削除されています)によると、「ゲストアシスタントカード」は優先的にアトラクションに乗るためのものではなく、長時間並べない方が別の場所で待つことができる、という機能を備えているよう。

東京ディズニーランドの「ゲストアシスタントカード」利用方法について記載のあるページでも、以下のように書かれています。

列に長時間並ぶことが困難な方は、待ち時間のあいだ、列の中ではなく別の場所で待機することができます。なお、ご利用いただくまでの待ち時間は、列に並んでいる時間とみなします。その間に他の対象施設をご利用いただくことはできません。


<Twitterの反応>

トップへ戻る