ライオンに戦いを挑むイタチが強すぎる・・・

世界一怖いもの知らずな動物「ラーテル」

ラーテルとは、学名をMellivora capensisと言い、別名ミツアナグマとも呼ばれるイタチの仲間。体長は約80~110cm、体重約5~16kgと、小型犬ほどの大きさであるにもかかわらず、ライオンやハイエナにも自ら襲い掛かる獰猛な性格を持ち合わせています。その小柄な体格からは想像もできない攻撃性から、”世界一怖いもの知らずの動物”としてギネス世界記録に認定されました。


ラーテルがそれほどまでに怖いもの知らずでいられるのには、主に2つの理由があります。

1つ目は、猛獣の鋭い牙や爪を物ともしない分厚い皮膚。ラーテルの体は、ゴムのように伸縮性のある分厚い毛皮で覆われていて、敵に襲われた時には、特に丈夫な頭から背中にかけての部分を盾にすることで、自分の身を守っています。
一匹のラーテルがライオンの群れに襲われている光景

2つ目は、コブラなどの毒に対する耐性を持っている体質。ラーテルは雑食性の動物であり、蛇などの爬虫類も捕食対象としているため、毒を持つコブラなどを見つけてもすぐに襲い掛かってしまいます。しかし万が一噛まれたとしても、数時間たてば自然回復してしまう免疫力を持ち合わせています。

コブラに噛まれて一時的に身動きが出来なくなるものの、自力で回復している様子

さらにはこれらの万能な耐性に加え、強力な反撃手段を持っています。それは、肛門付近にある臭腺から噴射する激臭を漂わせる液体。この液体が顔にかかると涙が止まらず、一週間は臭いが落ちないそう。


ちなみに、ラーテルが生息する現地アフリカでは、ラーテルにちなんで命名された兵器が数多く製造されているそうです。

「ラーテル歩兵戦闘車」をはじめとした様々な種類の派生型がある



トップへ戻る