【インド】ガンジス川が「腐った花」でヤバイことになってるらしい・・・・・・

4970044c943367dc15119ec1e18fcfd01e6f2a15

インドでは、神仏へのお供えや伝統的な儀式、お祭りやカジュアルなパーティーに至るまで、生活において花を欠かすことができず、その花を売り歩く男性たちが町にはたくさんいる。

特に「フラワーマーケット」では、2000人もの花売りがいて、客も常にごった返しているという。

2cf55ecadc4cd9d972932ecce205f373a3274e1b

6630a81b7e1871218f98f6037c9f94dfc3cef2d6 798a108416daa30ec763f499e20e34ea65bab897

でも、毎日大量に消費されるであろう献花は、役目を終えたあとどうなっているのか?

なんでも流しているイメージが強いから、予想できると思うけれど、そう、最終的にはガンジス川行き。


と言っても、大切な儀式につかった献花を、彼らは「捨てている」つもりではない。むしろゴミとして燃やすことができないからこそ、神聖なる場所に「捧げている」という意識なのだそう。

そういうわけで、結果的に年間約800万トンもの花が川に放たれてしまっている。

7df9f9768fb9ae834a433a11f10318667e1d254e

インドの花を、
「毒」で終わらせないために

この深刻な水質汚染を改善するために、立ち上がったのが『HelpUsGreen』だった。

彼らによると、国内には少なくとも60万以上の寺院があり、毎日大量の献花を消費している。そうして川に流された農薬まみれの花たちが腐ると、有毒となって魚が大量に死んだり、人体に影響を与えてしまうのだ。

Fa243a7dfcea2087c57ce6764572e32800921ea41c1165abd2d78775207ae4e73318d1bcc7904161



D5194444b46b6524bdd8cbb30a227ae539f6de4c

このままでは神を信仰する代償として、環境がどんどん汚染されてしまう。

現状を変えるためには、まずはこの川に流すものの量を減らすことから始めなければいけない。そういう思いで立ち上がった彼らは、毎日1.5トンの花を寺院から回収し、お香や堆肥、石鹸という新たな使い道を見いだすことに成功した。

B14d9593b5bf686b286224fe5ec02bae71473f3b14f451378c7c96e70116af03ca5642d8d66a92a90f1f45b779ec61ed9e59cf6c46d350a05c95d9f8

この仕事を担ってくれているのは、下層階級女性たち。男尊女卑が未だに定着しているインドでは、下層階級の女性が自立して働く状況をつくるのは困難な状況にある。

だからこそ、カースト制度に苦しんでいる女性たちを雇い、花の回収やお香づくりを任せて日当を渡しているのだそう。


包装紙からも、新たな芽を育てよう

42c607e202854e399beb0b146f34c0fcc3e0eaa5Bc54f535b37b1d74d74d132506b8431c157841b1

パッケージに神のイラストや、神聖なものが描かれている場合はゴミとして扱うことができず、消費者はまたガンジス川に流してしまうことがあるそう……。

それを踏まえた上で、彼らはプロダクトの包装にもこだわっている。植物の種を紙に混ぜてつくることで、自分たちの商品が再び川に戻ってしまう可能性を全てなくそうと考えたのだ。仮に捨てられてしまっても、その場で自然にかえって芽が出てくるという。

あくまで廃棄花への取り組みは、ひとつのきっかけでしかない。このサイクルが大きくなっていくほど、今のインドが抱えている問題を改善できる領域が増えていく。ひとつのことだけで完結しないのが、『HelpUsGreen』のムーブメント。

その根源にはいつも、自分たちが信仰する宗教や、伝統的な風習から国を傷つけてしまわないように。という想いがある。

トップへ戻る