久々の『緊急地震速報』にビビる人大挙!!「心臓止まるかと思った」

2018年1月5日、今日から仕事はじめという会社もあるかもしれない。年始の挨拶を終えて、仕事の準備を始めていた頃に、突然電話からアラームが鳴り出してビックリしたという人も多いはず。

緊急地震速報だ。気象庁の発表によると、同日11時02分に茨城県沖でマグニチュード4.4と推定される地震が発生したという。この地震による津波の心配はないとのことだ。

茨城と富山で地震

kinkyuu

気象庁によれば、震源地は茨城県沖(北緯36.0度・東経140.8度)で、震源の深さは約40km。茨城県神栖市溝口で震度3、水戸市やひたちなか市などで震度2を観測している。実は同じ時刻に富山県西部でもマグニチュード3.9と推定される地震を観測している。

突然の地震速報のアラームに、多くの人が肝を冷やした様子。ネット上では次のようなコメントが投稿されている。

ネットの声

「心臓が止まるかと思った」
「ちょっとびっくり」
「バイト先でお客さんの携帯が一斉になって危険を感じた」
「地震速報で起きた」
「こわかった」
「地震速報で携帯落とした」
「びびるわほんと」

……など。

電車のなかで一斉に携帯電話が鳴り出したり、漫画喫茶で一斉に携帯が鳴り出すなど。場所によっては、複数の端末からアラームが鳴る音を聞き、より一層緊張感を強めた人もいるようだ。

幸い、茨城の地震も富山の地震も規模が小さかったようだが、「いざ」という時はいつ訪れるかわからないので、緊急地震速報のアラームが鳴った時には慎重に行動しよう。



トップへ戻る