「イジメられる側にも原因がある」に対して経験者が完璧な正論を展開!!

声優・TVタレントとして活躍する、はるかぜちゃんこと春名風花 (@harukazechan)さん。

彼女が自身のTwitter公式アカウントへ投稿した内容が、以前大きな注目を集めました。

春名さんは、「イジメられる方にも原因がある」という意見について、「イジメる側がその原因を意識的に見つけているだけ」と反論。

誰にでも欠点はあり、その欠点を取り上げるようなことをしなければイジメは起きないと述べた上で、自身の体験談を語りました。

声優を目指していると言った際には、「テレビに出ているやつなんかダメだ。本気で声優になりたい人は真剣に舞台で芝居をやっている」。

その後、いざ舞台に出てみたら、「テレビにも出してもらえなくなって、小劇場にしか出られなくなったから、声優になんかなれない」。

「イジメる側」の人が躍起になって、春名さんのどんな側面もネガティブにとらえようとしているのがわかります(笑)

客観的に聞くと笑い話ですが、今まさに同じような状況に置かれ、苦しんでいる方がいることも事実。

そうした人々に向け、彼女は最後に、力強いエールを送りました。

個人が抱く「変わりたい」という意思は、尊く、高尚なものです。だからこそ、春名さんの言う通り、その変化の方向性を他人の気分に沿うよう決める必要は、まったくありません。

「自分の人生を生きてください」

誰もが心の奥に刻み込むべき、大切なメッセージです。

<Twitterの反応>

・いじめる側が圧倒的に非があるのに、いじめられた側にも少しは非があったんじゃないかと原因を探るのはこの国の体質なんだろか…まず悔い改めるのは加害者なのに

・相手に『嫌われる理由』があって、それを理由に嫌うのは個人の自由だけど、それは決して『いじめて良い理由』にはならない。いじめて良い理由など存在しない。

・いじめの現場を的確に言い当てていると感じた。いじめる側への手当も必要だ。

・原因がどちらにあるにせよ、いじめた側が100パーセント悪いと教わってきました。どんな人であれ他人を不当に傷つけていい理由などないと。いじめる側の心の弱さこそを変えていかないと、いじめは無くならない。いじめられている側が卑屈になる必要はないと思います。



トップへ戻る