イケメンモデルがオカマペテン医師に整形を任せた結果wwwwwwwwww

フィリピン・マニラ出身の24歳「Ellowe Alviso(エロウィー・アルヴィソ)」は、かつて数十誌のカタログに載るなどしていた人気のイケメンモデルでしたが、現在の彼にその面影はありません。


モデルだった頃の彼は、自分の姿をより理想へと近づけるため”西洋人的な鼻と顎”を手に入れるための整形手術を受けました。しかし、彼の整形手術を行った医師は、いい加減な施術でエロウィーの顔を醜く変形させてしまったのです。手術を受ける前と受けた後の比較写真がコチラ。

適切なコラーゲン注入を受けたはずの彼の鼻と顎は、感染症を引き起こし、見るも無残な姿に変えられてしまいました。なんと、注入されたコラーゲンはワックスやワセリンなどが混ぜられている粗悪品だったのです。

左が手術を行ったインチキオカマ医師の「Euge Edward Udangan(ユージ・エドワード・ウダンガン)」

エロウィーはその後、計7回にも及ぶ皮膚形成手術を受けましたが、鼻に出来た傷や変形した顎が以前のように元通りになることはありませんでした。現在の彼にモデルの仕事は入ってきておらず、任される仕事と言えば、仮装してハロウィンのオバケ役をするくらいのものだといいます。




「今私に与えられる仕事は、ハロウィンのオバケ役くらいです。私の顔面はすでにホラー映画に登場する化け物のようなので、オバケの覆面を被る必要もありません。」

「私が彼女に医療費の半分を返金するよう要求したところ、彼女は殺人をほのめかす脅迫をしてきました。」

「彼女は私の夢や私の人生、私の人格を台無しにしました。私は、一刻も早く彼女が逮捕され、自分と同じような犠牲者が出ないことを願っています。」



トップへ戻る