Twitterが”いいね”仕様変更「TLに表示しなくできるよ!」←Twitter民「そういうことじゃねーよwwwwwww」

仕様が変更されて1年以上経つのに、未だに「元に戻せ」という声が絶えないのがTwitterの『いいね』のタイムライン表示。そんな不評な仕様について、ついにTwitterが動いたのだが…?!

現在の『いいね』に対するユーザーの不満

twitter_heart_likes_0-696x355

以前はフォロワーのタイムラインに表示されなかった『いいね』。そのため、ユーザーの間では、リツイートは「広めたいもの」で、『いいね』は「後で個人的に見たいメモ」といったように、住み分けができていたように思う。

だが、仕様変更によりフォロワーのタイムラインに表示されるようになってからは、「リツイートとどう違うんだ!」という声もあがっている。要するに、自分の『いいね』は外に見られたくないと思っている人も多い

ついに仕様変更

この仕様について、2017年12月20日、Twitter がついに重い腰を上げた。タイムライン表示の仕様を変更することをツイートしたのである。ついに、かつての『いいね』が戻って来るのか? ツイートの内容は下記の通り。

Twitter Japan「[いいね] の表示がタイムライン上でコントロールしやすくなります。自分がフォローしている方が [いいね]を押したアカウントを自分がフォローしていない場合、 [ツイートに興味がない] をタップし、 [いいね] の表示を減らす、もしくは [ツイートの表示を減らす] を選択できるようになります」

──簡単に言うと、「フォロワー外のツイートなら非表示にできるようになる」らしい。これに対してTwitter民からは以下のような声が上がっている。

Twitter民の反応

「そうじゃなくて、自分がいいねしたやつを他の人に見られたくないのです」
「皆の要望は「他人のイイネを見たくない」ではなく「自分のイイネを見せたくない」です」
「いいねが表示されない元の状態に戻すか、あるいは「表示しない」「表示させない」を選択できるようにして欲しいです」
「RTがあるんだから、いいねは全て非表示で良いです」
「だから違うんだなぁ…」
「あくまで利用者にニーズに応えるおつもりはないようで、残念です」
「まるでニコニコ運営だ…」
「減らすじゃなくてoffにできるようにしてください」

──「そうじゃないんだよなあ……」というツッコミの嵐だった。はたして、『いいね』がかつての姿を取り戻す日は来るのか? 生暖かい目で見守りたい。


トップへ戻る