【アホすぎ注意】ロシア人が開かずの扉と3時間も格闘した結果wwwwwwwwww

ちきしょう!!開けコラァァァアアッッ!!

ロシア人の生活にはウォッカは欠かせない。春は温かくなったお祝いに一杯やって、夏は水浴びしながら一杯やって、秋は美味いもん食いながら一杯やって、冬は寒くて耐えきれないため一杯やるのである。

夜になれば街には酔っ払いが多く溢れ、そこらじゅうで寝っころがったりゲロ吐いたりケンカが始まる。全く、酔っ払いとはどうしようもない奴らである。

そんなどうしようもなさが1000%発揮された光景が捉えられた。

この監視カメラの映像は、モスクワ中部にあるバラシハで捉えられたものだ。

午前3時55分。マンションのロビーで青いジャケットの男が友人と乾杯している。グラスの小ささからしてウォッカかウィスキーか!?こんな時間からこんなところで飲むとは・・・本当にどうしようもないオッサン共である。

ココから和気あいあいと1時間半にわたり飲みまくり、2人はすっかりご機嫌ムードに。

青いジャケットの男が千鳥足になりながら「さ~てそろそろ朝だし帰るか」って思ったのか、マンションから出ようとするが・・・

開かねえッッ!!!!!

午前5時30分、ここから酔っ払いとドアの死闘が始まるッ!!!

オラあああああああいい気分を台無しにしやがってこのヤロー!!!ドアにケンカを売られたと思ったのか、男は怒り任せに蹴りまくる!

こうして一時間が経つも・・・

開かないよぉ・・・

すっかり絶望してしゃがみこんでしまった男。他に出入り口探すか、管理人でも呼んでくればいいというのに、そんな気は毛頭ないらしい。

コテンパンに蹴られたドアは変形してしまった。

何もないドアとの闘いはどこまでも孤独で果てしないものに感じただろう。だがそうやって倒れそうになっても、眠たくなっても・・・酔っ払いは決して諦めずドアと戦い続けるのである!!

ネズミ「何してんだコイツ」

ネズミさんは彼をあざ笑うかのようにスポ~ンとドアの隙間を出入りする。

こうして3時間が経過し、男はついにある事に気づいたのである!!

ポチッ

横のボタンが開閉スイッチだった・・・・(まあ、こういうオチは想像してたよ)

こうして酔っ払いは激闘の末、朝日の差す外の世界に歩みだしたのであった・・・。つーかドア代弁償してよ。

この動画がロシアのSNS「Vika」に投稿されると、速攻で拡散。世界中に恥をさらされてしまう事態となってしまったという。

これからの季節、日本でも酔っ払いがあふれかえる。こういうどうしようもない奴をもし見かけたら、みなさんは是非警察に通報してほしい。酔っ払いは強い人達に対処してもらうのが一番である。


トップへ戻る