【自称フェミニスト】スペインの「アキラ100%」は通報も恐れない強者だったwwwwwwww

美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多いようだけれど、本人は気にしていないご様子。

全裸ではあるが
“絶対に見せない”ポリシー

Bef9a42be06b1a705a2031742bec82895576c7b6

急に裸になって、周りから驚かれるでしょう?と聞いてみると、「拘束されたり、罰金を要求されることはよくあるよ」とサラリ。ちょっと待って、無断なの!?

よく通報されるらしけれど、なぜか今まで一度も罰金を払わずにやってきたらしい。芸術を表現しているだけなのに、金を払う必要がどこにある?とのこと。

なぜそれが許され続けているのかもよくわからないけれど、振り切りすぎてて清々しい。もはや、相槌を打つ言葉もみつからない。

ということで、説明は終わり。彼の信念をご覧いただこう。

3175547d14dab20bb4c5a605611aad71da4f0cdfC82159a81db6305ba7240ee8d87070209841fd0f64e3b70414f559559a9e94001adcc22f5903f10f

8fb0f002f3568ebaca9e5d2f7a332fe5cdcfc23287637c78d79e5d08ed2f417d0a9cf3e44016a27b926aa306619a8c076d68c7d91f92996243735920

裸にこだわっているのだから、すべてをさらけ出すのかと思えば、それはタブー。絶対に男性器を見せないことは、彼の掟のようなもの。そこに目が行き過ぎると、芸術を感じる妨げになってしまうから、らしい。

それにしても、一本たりとも生えていないスネ毛や、トゥルトゥルのお肌を見ると、「美しさ」の徹底ぶりには関心してしまう。裸には違いないのに、ここまで男臭さを感じないのも、不思議な感覚だ。

女性の「美」は、
どこまでも魅惑的。

E4345fdd1fb2ac548a13fde189b1866fccb156cd

女性の絵画の前でパフォーマンスすることが多いのは、どんなに男性が魅せようと、「女性らしさがもつ魅力には敵わない」ということを表現したいからだそう。

彼はこの芸術を通して、自身がフェミニストであることを伝え続けていたというワケ。なるほど……フェミニズムに関しても、パフォーマンスに関しても、誤解を招くことが多そうだ。

52084a674b440997168d9302cc386b52ec216102

ぜひともアキラ100%と共演してほしいものだ。


トップへ戻る