「銀のさら」の攻めすぎてメッセージ崩壊寸前のCM5連発を食らえwwwwwww

店舗数No.1の宅配寿司店の『銀のさら』だが、お寿司以外に長年作り続けているものがあることをご存知だろうか?

『銀のさら』が長年作り続けているもの、それは「おもしろCM」

2006年にから今日に至るまで、ほぼ全てのCMがふざけ・・・・・非常に愉快な内容となっている。今回はその中から5つのCMをご紹介!

厳選5つ!貪欲に笑いを求めたCM!!

2007年

まずは代表的なこちらのCM。しょっぱなから、銀のさらのCMに一気に注目を集めたと言えるでしょう。

競合他社を比較に出すCMは日本ではなかなか見られないですが、その他社の株を下げることなく、自虐の向こう側に突き抜けた鮮烈かつ衝撃的すぎるCMです。

面白すぎる。

2010年

最初の完成された提案のあとからそれをぶっ壊していく意味不明さには度肝を抜かれます。

こんな癖の強い脚本を書いたのが誰なのかも気になりますが、民放での審査に通ることも輪をかけて驚きです。

2012年

基本的には、「宅配寿司のイメージアップのために、外食を相対的劣位に見せる」というメタ的なメッセージが含まれており、そこは一貫しているようです。

しかし詰め込みすぎかつ「どう?どう?!」感で圧迫感がやばいです。

2015年

完全に壊れてきています。「寿司を持ち上げるのではなく、肉を下げているんだよ」というメッセージの「肉を下げる」が出すぎてメッセージが崩壊しています。

2016年

銀のさら曰く、「納得性の高いCM」とのこと。

どこがやねん。

『銀のさら』が実験的な動画を公開!!

こんな調子でやってきた『銀のさら』だが、今年はちょっと変わったアプローチをしてきているようです。

今現在、ホームページでとある実験的な動画が公開されており、それが思わず「なんの実験?」と言ってしまう謎の出来なので、それを是非皆さんにも見ていただきたい・・・と思ったのですが、その性質上ホームページにアクセスしないと見ることができないので、こちらにリンクを貼っておきます。

いつもとは違う動画ですが、その根本にあるのはやはり「笑い」なので変わらぬ姿勢を貫く『銀のさら』らしいと言えましょう。

きっとこれからも「おもしろCM」「おいしいお寿司」を作り続けていってくれるに違いありません。


トップへ戻る